エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

Convert.FromBase64CharArray メソッド

Unicode 文字配列のサブセットを変換します。これにより、バイナリ データは Base64 の数字として等価の 8 ビット符号なし整数配列にエンコードされます。 パラメーターは、入力配列のサブセットと変換する要素の数を指定します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static byte[] FromBase64CharArray(
	char[] inArray,
	int offset,
	int length
)

パラメーター

inArray
型 : System.Char[]
Unicode 文字配列。
offset
型 : System.Int32
inArray 内での位置。
length
型 : System.Int32
変換する inArray の要素の数。

戻り値

型 : System.Byte[]
inArrayoffset の位置にある length 要素と等価の 8 ビット符号なし整数の配列。

例外条件
ArgumentNullException

inArraynull なので、

ArgumentOutOfRangeException

offset または length が 0 未満です。

または

lengthoffset を足した数が、inArray 内に存在しない位置を示しています。

FormatException

空白文字を除いた inArray の長さが 0 ではないか、または 4 の倍数ではありません。

または

inArray の形式が無効です。 inArray に Base64 形式以外の文字、2 つ以上の埋め込み文字、または埋め込み文字の間に空白以外の文字が含まれています。

inArray は、Base64 形式の文字、空白文字、および後続の埋め込み文字で構成されます。 Base64 形式の文字を 0 から昇順で並べると、大文字の "A" ~ "Z"、小文字の "a" ~ "z"、数字の "0" ~ "9"、および "+" と "/" の記号になります。

空白文字、およびそれらの Unicode 名と 16 進数のコード ポイントは、タブ (CHARACTER TABULATION、U+0009)、改行 (LINE FEED、U+000A)、復帰 (CARRIAGE RETURN、U+000D)、および空白 (SPACE、U+0020) です。 空白文字はすべて無視されるため、任意の数の空白文字を inArray に含めることができます。

値として解釈されない文字 "=" は、文字列末尾の埋め込み用に使用されます。 inArray の末尾は、1 つまたは 2 つの埋め込み文字で構成されます。

重要 : 重要

FromBase64CharArray メソッドは、デコードされるすべてのデータを含んだ単一の文字配列を処理するように設計されています。 Base 64 文字データをストリームからデコードするには、System.Security.Cryptography.FromBase64Transform クラスを使用します。

FromBase64CharArray(Char[], Int32, Int32) メソッドを使用して、uuencode されたデータ (Base64 形式のデータ) をデコードし、バイナリ出力として保存する方法を次の例に示します。


public void DecodeWithCharArray() {
   System.IO.StreamReader inFile;    
   char[] base64CharArray;

   try {
      inFile = new System.IO.StreamReader(inputFileName,
                              System.Text.Encoding.ASCII);
      base64CharArray = new char[inFile.BaseStream.Length];
      inFile.Read(base64CharArray, 0, (int)inFile.BaseStream.Length);
      inFile.Close();
   }
   catch (System.Exception exp) {
      // Error creating stream or reading from it.
      System.Console.WriteLine("{0}", exp.Message);
      return;
   }

   // Convert the Base64 UUEncoded input into binary output.
   byte[] binaryData;
   try {
      binaryData = 
         System.Convert.FromBase64CharArray(base64CharArray,
                                    0,
                                    base64CharArray.Length);
   }
   catch ( System.ArgumentNullException ) {
      System.Console.WriteLine("Base 64 character array is null.");
      return;
   }
   catch ( System.FormatException ) {
      System.Console.WriteLine("Base 64 Char Array length is not " +
         "4 or is not an even multiple of 4." );
      return;
   }

   // Write out the decoded data.
   System.IO.FileStream outFile;
   try {
      outFile = new System.IO.FileStream(outputFileName,
                                 System.IO.FileMode.Create,
                                 System.IO.FileAccess.Write);
      outFile.Write(binaryData, 0, binaryData.Length);
      outFile.Close();
   }
   catch (System.Exception exp) {
      // Error creating stream or writing to it.
      System.Console.WriteLine("{0}", exp.Message);
   }
}


ToBase64CharArray(Byte[], Int32, Int32, Char[], Int32, Base64FormattingOptions) メソッドと FromBase64CharArray(Char[], Int32, Int32) メソッドの例を次に示します。 入力は、3 バイト (24 ビット) ごとのグループに分けられます。 したがって、各グループは、10 進数の 0 ~ 63 の範囲の 4 つの 6 ビット数値で構成されます。 この例では、85 個の 3 バイトのグループがあり、1 バイトが残されています。 最初のグループは、16 進値 00、01、02 で構成されます。これらは、10 進数の 0、0、4、2 に相当する 4 つの 6 ビット値を生成します。 これらの 4 つの値は、出力の先頭にあるベース 64 桁 "A"、"A"、"E"、および "C" に対応しています。

3 バイトのグループの整数が存在しない場合は、残りのバイトにゼロが効率的に埋め込まれ、完全なグループが形成されます。 この例では、最後のバイト値は 16 進数の FF です。 最初の 6 ビットは 10 進数の 63 に相当し、出力の末尾にある Base64 形式の文字 "/" に対応します。次の 2 ビットには 0 が埋め込まれ、10 進数の 48 が生成されます。これは、Base64 形式の文字 "w" に対応します。 最後の 2 つの 6 ビット値が埋め込まれます。これらは値として解釈されない埋め込み文字 "=" に対応します。


// This example demonstrates the Convert.ToBase64CharArray() and
//                               Convert.FromBase64CharArray methods

using System;

class Sample 
{
    public static void Main() 
    {
    byte[] byteArray1 = new byte[256];
    byte[] byteArray2 = new byte[256];
    char[] charArray  = new char[352];
    int charArrayLength;
    string nl = Environment.NewLine;

    string ruler1a = "         1         2         3         4";
    string ruler2a = "1234567890123456789012345678901234567890";
    string ruler3a = "----+----+----+----+----+----+----+----+";
    string ruler1b = "         5         6         7      ";
    string ruler2b = "123456789012345678901234567890123456";
    string ruler3b = "----+----+----+----+----+----+----+-";
    string ruler   = String.Concat(ruler1a, ruler1b, nl, 
                                   ruler2a, ruler2b, nl,
                                   ruler3a, ruler3b);

// 1) Initialize and display a Byte array of arbitrary data.
    Console.WriteLine("1) Input: A Byte array of arbitrary data.{0}", nl);
    for (int x = 0; x < byteArray1.Length; x++)
    {
    byteArray1[x] = (byte)x;
    Console.Write("{0:X2} ", byteArray1[x]);
    if (((x+1)%20) == 0) Console.WriteLine();
    }
    Console.Write("{0}{0}", nl);

// 2) Convert the input Byte array to a Char array, with newlines inserted.
    charArrayLength = 
        Convert.ToBase64CharArray(byteArray1, 0, byteArray1.Length, 
                                   charArray, 0, Base64FormattingOptions.InsertLineBreaks);
    Console.WriteLine("2) Convert the input Byte array to a Char array with newlines.");
    Console.Write("   Output: A Char array (length = {0}). ", charArrayLength);
    Console.WriteLine("The elements of the array are:{0}", nl);
    Console.WriteLine(ruler);
    Console.WriteLine(new String(charArray));
    Console.WriteLine();

// 3) Convert the Char array back to a Byte array.
    Console.WriteLine("3) Convert the Char array to an output Byte array.");
    byteArray2 = Convert.FromBase64CharArray(charArray, 0, charArrayLength);

// 4) Are the input and output Byte arrays equivalent?
    Console.WriteLine("4) The output Byte array is equal to the input Byte array: {0}", 
                      ArraysAreEqual(byteArray1, byteArray2));
    }

    public static bool ArraysAreEqual(byte[] a1, byte[] a2)
    {
    if (a1.Length != a2.Length) return false;
    for (int i = 0; i < a1.Length; i++)
        if (a1[i] != a2[i]) return false;
    return true;
    }
}
/*
This example produces the following results:

1) Input: A Byte array of arbitrary data.

00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 0A 0B 0C 0D 0E 0F 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 1A 1B 1C 1D 1E 1F 20 21 22 23 24 25 26 27
28 29 2A 2B 2C 2D 2E 2F 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 3A 3B
3C 3D 3E 3F 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 4A 4B 4C 4D 4E 4F
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 5A 5B 5C 5D 5E 5F 60 61 62 63
64 65 66 67 68 69 6A 6B 6C 6D 6E 6F 70 71 72 73 74 75 76 77
78 79 7A 7B 7C 7D 7E 7F 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 8A 8B
8C 8D 8E 8F 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 9A 9B 9C 9D 9E 9F
A0 A1 A2 A3 A4 A5 A6 A7 A8 A9 AA AB AC AD AE AF B0 B1 B2 B3
B4 B5 B6 B7 B8 B9 BA BB BC BD BE BF C0 C1 C2 C3 C4 C5 C6 C7
C8 C9 CA CB CC CD CE CF D0 D1 D2 D3 D4 D5 D6 D7 D8 D9 DA DB
DC DD DE DF E0 E1 E2 E3 E4 E5 E6 E7 E8 E9 EA EB EC ED EE EF
F0 F1 F2 F3 F4 F5 F6 F7 F8 F9 FA FB FC FD FE FF

2) Convert the input Byte array to a Char array with newlines.
   Output: A Char array (length = 352). The elements of the array are:

         1         2         3         4         5         6         7
1234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456
----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-
AAECAwQFBgcICQoLDA0ODxAREhMUFRYXGBkaGxwdHh8gISIjJCUmJygpKissLS4vMDEyMzQ1Njc4
OTo7PD0+P0BBQkNERUZHSElKS0xNTk9QUVJTVFVWV1hZWltcXV5fYGFiY2RlZmdoaWprbG1ub3Bx
cnN0dXZ3eHl6e3x9fn+AgYKDhIWGh4iJiouMjY6PkJGSk5SVlpeYmZqbnJ2en6ChoqOkpaanqKmq
q6ytrq+wsbKztLW2t7i5uru8vb6/wMHCw8TFxsfIycrLzM3Oz9DR0tPU1dbX2Nna29zd3t/g4eLj
5OXm5+jp6uvs7e7v8PHy8/T19vf4+fr7/P3+/w==

3) Convert the Char array to an output Byte array.
4) The output Byte array is equal to the input Byte array: True

*/


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft