この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ContextBoundObject クラス

 

公開日: 2016年10月

すべてのコンテキスト バインド クラスの基本クラスを定義します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)


[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public abstract class ContextBoundObject : MarshalByRefObject

名前説明
System_CAPS_protmethodContextBoundObject()

ContextBoundObject クラスのインスタンスをインスタンス化します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodCreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要なすべての関連情報を格納しているオブジェクトを作成します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone(Boolean)

現在の簡易コピーを作成MarshalByRefObjectオブジェクト。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

オブジェクト コンテキスト内に存在し、コンテキスト ルールにバインドするには、コンテキスト バインド オブジェクトが呼び出されます。 コンテキストは、プロパティまたはオブジェクトのコレクションが存在する環境を定義するための使用に関する規則のセットです。 オブジェクトが入力するか、コンテキストを離れるときに、規則が適用されます。 いないコンテキスト バインドされたオブジェクトには、アジャイル オブジェクトが呼び出されます。

コンテキストは、オブジェクトのアクティブ化時に作成されます。 新しいオブジェクトは、既存のコンテキスト、または型のメタデータに含まれる属性を使用して作成された新しいコンテキストに配置されます。 コンテキスト バインド クラスが付いて、ContextAttribute使用状況規則を提供します。 追加できるコンテキスト プロパティには、同期、トランザクションに関連するポリシーが含まれます。

実装時の注意:

共通言語ランタイムの現在のバージョンをジェネリックにすることはできませんContextBoundObject型または非ジェネリックContextBoundObjectジェネリック メソッドを持つ型。 原因がこのような型のインスタンスを作成しようとして、TypeLoadExceptionです。

.NET Framework
1.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: