このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

ConfigXmlDocument クラス

このクラスは,.NET Framework インフラストラクチャをサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

対応する XmlDocument 型をラップし、ファイル名と行番号のレポートに必要な情報も保持します。

名前空間: System.Configuration
アセンブリ: System (system.dll 内)

public sealed class ConfigXmlDocument : XmlDocument, IConfigErrorInfo
public final class ConfigXmlDocument extends XmlDocument implements IConfigErrorInfo
public final class ConfigXmlDocument extends XmlDocument implements IConfigErrorInfo
適用できません。

ConfigXmlDocument は、対応する XmlDocument 型をラップして、ファイル名と行番号のレポートに必要な情報を保持します。この情報は、システムが構成エラーを発行するときに必要です。

  • SecurityPermission  (アクセス許可によって保護されるリソースへのフル アクセスに必要なアクセス許可)。Demand; 名前: "FullTrust"

System.Object
   System.Xml.XmlNode
     System.Xml.XmlDocument
      System.Configuration.ConfigXmlDocument

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0,1.1,1.0
表示: