この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

INotifyDataErrorInfo インターフェイス

.NET Framework (current version)
 

公開日: 2016年11月

カスタムの同期検証および非同期検証をサポートするためにデータ エンティティ クラスに実装できるメンバーを定義します。

名前空間:   System.ComponentModel
アセンブリ:  System (System.dll 内)

public interface INotifyDataErrorInfo

名前説明
System_CAPS_pubpropertyHasErrors

エンティティに検証エラーがあるかどうかを示す値を取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodGetErrors(String)

指定したプロパティまたはエンティティ全体の検証エラーを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubeventErrorsChanged

プロパティまたはエンティティ全体で検証エラーが変更されたときに発生します。

このインターフェイスは、カスタム検証規則を実装し、検証結果を非同期的に公開するデータ エンティティ クラスを有効します。 このインターフェイスは、カスタム エラー オブジェクト、プロパティごとの複数のエラー、プロパティ間のエラー、およびエンティティ レベルのエラーもサポートします。 プロパティ間のエラーは、複数のプロパティに影響するエラーです。 1 つまたはすべての影響を受けるプロパティでは、これらのエラーを関連付けることができますか、エンティティ レベルのエラーとして処理することができます。 エンティティ レベルのエラーとは、複数のプロパティの影響を与えるか、特定のプロパティの影響を与えずにエンティティ全体に影響するエラーです。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
4.5 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
4.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.1 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: