このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

IEnumerable.GetEnumerator メソッド

コレクションを反復処理する列挙子を返します。

名前空間: System.Collections
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)

IEnumerator GetEnumerator ()
IEnumerator GetEnumerator ()
function GetEnumerator () : IEnumerator

戻り値

コレクションを反復処理するために使用できる IEnumerator オブジェクト。

C# 言語の foreach ステートメント (Visual Basic の場合は for each) を使用することで列挙子の複雑さを回避できます。したがって、列挙子を直接操作するのではなく、foreach の使用をお勧めします。

列挙子を使用すると、コレクション内のデータを読み取ることができますが、基になるコレクションを変更することはできません。

最初に、列挙子はコレクションの最初の要素の前に配置されます。また、Reset メソッドは、列挙子を最初の位置に戻します。この位置で、Current プロパティが未定義です。したがって、Current の値を読み取る前に、MoveNext メソッドを呼び出して、コレクションの最初の要素に列挙子を進める必要があります。

Current は、MoveNext または Reset が呼び出されるまでは同じオブジェクトを返します。MoveNext は、Current を次の要素に設定します。

MoveNext がコレクションの末尾を過ぎると、列挙子はコレクションの最後の要素の後ろに配置され、MoveNextfalse を返します。列挙子がこの位置にある場合、以降、MoveNext を呼び出しても false が返されます。MoveNext への最新の呼び出しで false が返された場合は、Current が未定義です。Current をコレクションの最初の要素に再び設定するには、Reset を呼び出してから、MoveNext を呼び出します。

列挙子は、コレクションが変更されない限り有効です。要素の追加、変更、削除などの変更がコレクションに対して実行されると、列挙子は回復不可能な無効状態になり、動作は未定義になります。

列挙子はコレクションへの排他アクセス権を持たないため、コレクションの列挙処理は、本質的にはスレッド セーフな処理ではありません。すべての列挙処理が終わるまでコレクションをロックすることにより、列挙処理でのスレッド セーフを確保できます。コレクションに対し複数のスレッドがアクセスして読み取りや書き込みを行うことができるようにするには、独自に同期化を実装する必要があります。

カスタム コレクションでの IEnumerable インターフェイスの実装を次のコード例に示します。この例では、GetEnumerator が明示的に呼び出されていませんが、foreach (Visual Basic では for each) の使用をサポートするために実装されています。このコード例は、IEnumerable インターフェイスのトピックで取り上げているコード例の一部です。

public class People : IEnumerable
{
    private Person[] _people;
    public People(Person[] pArray)
    {
        _people = new Person[pArray.Length];

        for (int i = 0; i < pArray.Length; i++)
        {
            _people[i] = pArray[i];
        }
    }

    public IEnumerator GetEnumerator()
    {
        return new PeopleEnum(_people);
    }
}

Windows 98, Windows 2000 SP4, Windows CE, Windows Millennium Edition, Windows Mobile for Pocket PC, Windows Mobile for Smartphone, Windows Server 2003, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP SP2, Windows XP Starter Edition

開発プラットフォームの中には、.NET Framework によってサポートされていないバージョンがあります。サポートされているバージョンについては、「システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 2.0、1.1、1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0、1.0
表示: