情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

IDictionary.Add メソッド

2013/12/12

指定したキーおよび値を持つ要素を IDictionary オブジェクトに追加します。

Namespace:  System.Collections
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

void Add(
	Object key,
	Object value
)

パラメーター

key
型: System.Object
追加する要素のキーとして使用する Object
value
型: System.Object
追加する要素の値として使用する Object

例外条件
ArgumentNullException

keynull です。

ArgumentException

同じキーを持つ要素が、IDictionary オブジェクトに既に存在します。

NotSupportedException

IDictionary は読み取り専用です。

または

IDictionary は固定サイズです。

Item プロパティを使用すると、ディクショナリ内に存在しないキーの値を設定することで、新しい要素を追加することもできます (例 : myCollection["myNonexistentKey"] = myValue)。ただし、指定したキーがディクショナリに既に存在する場合、Item プロパティを設定すると、既存の値が上書きされます。対照的に、Add メソッドは既存の要素を変更しません。

キーを null にできるかどうかは、実装によって異なります。

Add メソッドを実装する方法を次のコード例に示します。このコード例は、IDictionary クラスのトピックで取り上げているコード例の一部です。


public void Add(object key, object value)
{
   // Add the new key/value pair even if this key already exists in the dictionary.
   if (ItemsInUse == items.Length)
      throw new InvalidOperationException("The dictionary cannot hold any more items.");
   items[ItemsInUse++] = new DictionaryEntry(key, value);
}


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: