この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Collections.Concurrent 名前空間

 

公開日: 2016年10月

System.Collections.Concurrent 名前空間には、スレッド セーフなコレクション クラスがいくつか用意されています。複数のスレッドがコレクションに同時にアクセスするときに、これらのコレクション クラスを System.Collections 名前空間および System.Collections.Generic 名前空間の対応する型の代わりに使用する必要があります。

拡張メソッドなど、現在のコレクションが実装するインターフェイスを介してアクセスするメンバーは、スレッド セーフの保証がないため、呼び出し元によって同期される必要があります。

クラス説明
System_CAPS_pubclassBlockingCollection<T>

IProducerConsumerCollection<T> を実装するスレッド セーフなコレクションに、ブロッキングと範囲指定の機能を提供します。

System_CAPS_pubclassConcurrentBag<T>

オブジェクトの順序付けられていないスレッド セーフなコレクションを表します。

System_CAPS_pubclassConcurrentDictionary<TKey, TValue>

同時に複数のスレッドからアクセスできる、スレッド セーフなキーと値のペアのコレクションを表します。

System_CAPS_pubclassConcurrentQueue<T>

スレッド セーフな先入れ先出し (FIFO) コレクションを表します。

System_CAPS_pubclassConcurrentStack<T>

スレッド セーフな後入れ先出し (LIFO) コレクションを表します。

System_CAPS_pubclassOrderablePartitioner<TSource>

並べ替え可能なデータ ソースを複数のパーティションに分割する特定の方法を表します。

System_CAPS_pubclassPartitioner

配列、リスト、および列挙体に使用できる共通のパーティション方法を提供します。

System_CAPS_pubclassPartitioner<TSource>

データ ソースを複数のパーティションに分割する特定の方法を表します。

インターフェイス説明
System_CAPS_pubinterfaceIProducerConsumerCollection<T>

プロデューサー/コンシューマーの使用を意図した、スレッド セーフなコレクションを操作するメソッドを定義します。 このインターフェイスを提供する統一表現プロデューサー/コンシューマーのコレクションを高レベルの抽象化など、 System.Collections.Concurrent.BlockingCollection<T> 基になるストレージ メカニズムとして、コレクションを使用することができます。

列挙型説明
System_CAPS_pubenumEnumerablePartitionerOptions

パーティショナーのバッファリングの動作を制御するためのオプションを指定します。

トップに戻る
表示: