この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ArrayList クラス

 

公開日: 2016年10月

必要に応じてサイズが動的に拡大される配列を使用して IList インターフェイスを実装します。

この型の .NET Framework ソース コードを参照するには、参照ソースをご覧ください。

名前空間:   System.Collections
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)


[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class ArrayList : IList, ICollection, IEnumerable, ICloneable

名前説明
System_CAPS_pubmethodArrayList()

空で、既定の初期量を備えた、ArrayList クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodArrayList(ICollection)

指定したコレクションからコピーした要素を格納し、コピーされる要素の数と同じ初期量を備えた、ArrayList クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodArrayList(Int32)

空で、指定した初期量を備えた、ArrayList クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCapacity

ArrayList に格納できる要素の数を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyCount

実際に含まれる要素の数を取得、 ArrayListです。

System_CAPS_pubpropertyIsFixedSize

ArrayList が固定サイズかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsReadOnly

ArrayList が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsSynchronized

ArrayList へのアクセスが同期されている (スレッド セーフである) かどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyItem[Int32]

指定したインデックスにある要素を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertySyncRoot

ArrayList へのアクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAdapter(IList)

特定の IList に関する ArrayList ラッパーを作成します。

System_CAPS_pubmethodAdd(Object)

ArrayList の末尾にオブジェクトを追加します。

System_CAPS_pubmethodAddRange(ICollection)

ICollection の要素を ArrayList の末尾に追加します。

System_CAPS_pubmethodBinarySearch(Int32, Int32, Object, IComparer)

指定した比較子を使用して、並べ替えられた要素の ArrayList の 1 つの要素の範囲を検索し、その要素の 0 から始まるインデックスを返します。

System_CAPS_pubmethodBinarySearch(Object)

既定の比較子を使用して、並べ替えられた要素の ArrayList 全体を検索し、その要素の 0 から始まるインデックスを返します。

System_CAPS_pubmethodBinarySearch(Object, IComparer)

指定した比較子を使用して、並べ替えられた要素の ArrayList 全体を検索し、その要素の 0 から始まるインデックスを返します。

System_CAPS_pubmethodClear()

ArrayList からすべての要素を削除します。

System_CAPS_pubmethodClone()

ArrayList の簡易コピーを作成します。

System_CAPS_pubmethodContains(Object)

ある要素が ArrayList 内に存在するかどうかを判断します。

System_CAPS_pubmethodCopyTo(Array)

ArrayList 全体を互換性のある 1 次元の Array にコピーします。コピー操作は、コピー先の配列の先頭から始まります。

System_CAPS_pubmethodCopyTo(Array, Int32)

ArrayList 全体を、互換性のある 1 次元の Array にコピーします。コピー操作は、コピー先の配列の指定したインデックスから始まる部分に行います。

System_CAPS_pubmethodCopyTo(Int32, Array, Int32, Int32)

要素の範囲を ArrayList から互換性のある 1 次元の Array にコピーします。コピー操作は、コピー先の配列の指定したインデックスから始まります。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFixedSize(ArrayList)

固定サイズの ArrayList ラッパーを返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFixedSize(IList)

固定サイズの IList ラッパーを返します。

System_CAPS_pubmethodGetEnumerator()

全体の ArrayList の列挙子を返します。

System_CAPS_pubmethodGetEnumerator(Int32, Int32)

ArrayList 内の要素の範囲の列挙子を返します。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetRange(Int32, Int32)

元の ArrayList 内の要素のサブセットを表す ArrayList を返します。

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIndexOf(Object)

指定した Object を検索し、ArrayList 全体内で最初に見つかった位置の 0 から始まるインデックスを返します。

System_CAPS_pubmethodIndexOf(Object, Int32)

指定した Object を検索し、指定したインデックスから最後の要素までの ArrayList 内の要素の範囲内で最初に出現する位置の 0 から始まるインデックス番号を返します。

System_CAPS_pubmethodIndexOf(Object, Int32, Int32)

指定した Object を検索し、指定したインデックスから始まって指定した数の要素を格納する ArrayList 内の要素の範囲内で最初に出現する位置の 0 から始まるインデックス番号を返します。

System_CAPS_pubmethodInsert(Int32, Object)

ArrayList 内の指定したインデックスの位置に要素を挿入します。

System_CAPS_pubmethodInsertRange(Int32, ICollection)

コレクションの要素を ArrayList 内の指定したインデックスの位置に挿入します。

System_CAPS_pubmethodLastIndexOf(Object)

指定した Object を検索し、ArrayList 全体で最後に見つかった位置の 0 から始まるインデックスを返します。

System_CAPS_pubmethodLastIndexOf(Object, Int32)

指定した Object を検索し、最初の要素から、指定したインデックスまでの ArrayList 内の要素の範囲内で最後に出現する位置の 0 から始まるインデックス番号を返します。

System_CAPS_pubmethodLastIndexOf(Object, Int32, Int32)

指定した Object を検索し、指定した数の要素を含み、かつ指定したインデックスで終了する ArrayList 内の要素の範囲内で最後に出現する位置の 0 から始まるインデックス番号を返します。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticReadOnly(ArrayList)

読み取り専用 ArrayList ラッパーを返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticReadOnly(IList)

読み取り専用 IList ラッパーを返します。

System_CAPS_pubmethodRemove(Object)

特定のオブジェクトで最初に出現したものを ArrayList から削除します。

System_CAPS_pubmethodRemoveAt(Int32)

ArrayList の指定したインデックスにある要素を削除します。

System_CAPS_pubmethodRemoveRange(Int32, Int32)

ArrayList から要素の範囲を削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRepeat(Object, Int32)

指定した値のコピーである要素を持つ ArrayList を返します。

System_CAPS_pubmethodReverse()

ArrayList 全体の要素の順序を反転させます。

System_CAPS_pubmethodReverse(Int32, Int32)

指定した範囲の要素の順序を反転させます。

System_CAPS_pubmethodSetRange(Int32, ICollection)

コレクションの要素を ArrayList 内の要素の範囲にコピーします。

System_CAPS_pubmethodSort()

ArrayList 全体で要素を並べ替えます。

System_CAPS_pubmethodSort(IComparer)

指定した比較子を使用して、ArrayList 全体内の要素を並べ替えます。

System_CAPS_pubmethodSort(Int32, Int32, IComparer)

指定した比較子を使用して、ArrayList 内の要素の範囲内の要素を並べ替えます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSynchronized(ArrayList)

同期されている (スレッド セーフな) ArrayList ラッパーを返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSynchronized(IList)

同期されている (スレッド セーフな) IList ラッパーを返します。

System_CAPS_pubmethodToArray()

ArrayList の要素を新しい Object 配列にコピーします。

System_CAPS_pubmethodToArray(Type)

ArrayList の要素を、指定した要素型の新しい配列にコピーします。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTrimToSize()

容量を ArrayList 内にある実際の要素数に設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAsParallel()

オーバーロードされます。クエリの並列化を有効にします。(ParallelEnumerable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodAsQueryable()

オーバーロードされます。変換、 IEnumerable に、 IQueryableです。(Queryable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodCast<TResult>()

要素をキャスト、 IEnumerable 指定した型にします。(Enumerable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodOfType<TResult>()

要素をフィルター処理、 IEnumerable 、指定した型に基づいています。(Enumerable によって定義されています。)

System_CAPS_noteメモ

To view the .NET Framework source code for this type, see the Reference Sourcehttp://referencesource.microsoft.com/#mscorlib/system/collections/arraylist.cs#3e3f6715773d6643. You can browse through the source code online, download the reference for offline viewing, and step through the sources (including patches and updates) during debugging; see instructionshttp://referencesource.microsoft.com/.

The T:System.Collections.ArrayList class is designed to hold heterogeneous collections of objects. However, it does not always offer the best performance. Instead, we recommend the following:

  • For a heterogeneous collection of objects, use the List<Object> (in C#) or List(Of Object) (in Visual Basic) type.

  • For a homogeneous collection of objects, use the T:System.Collections.Generic.List`1 class.

See the "Performance Considerations" section in the T:System.Collections.Generic.List`1 reference topic for a discussion of the relative performance of these classes.

The T:System.Collections.ArrayList is not guaranteed to be sorted. You must sort the T:System.Collections.ArrayList by calling its M:System.Collections.ArrayList.Sort method prior to performing operations (such as Overload:System.Collections.ArrayList.BinarySearch) that require the T:System.Collections.ArrayList to be sorted. To maintain a collection that is automatically sorted as new elements are added, you can use the T:System.Collections.Generic.SortedSet`1 class.

The capacity of an T:System.Collections.ArrayList is the number of elements the T:System.Collections.ArrayList can hold. As elements are added to an T:System.Collections.ArrayList, the capacity is automatically increased as required through reallocation. The capacity can be decreased by calling M:System.Collections.ArrayList.TrimToSize or by setting the P:System.Collections.ArrayList.Capacity property explicitly.

For very large T:System.Collections.ArrayList objects, you can increase the maximum capacity to 2 billion elements on a 64-bit system by setting the enabled attribute of the configuration element to true in the run-time environment.

Elements in this collection can be accessed using an integer index. Indexes in this collection are zero-based.

The T:System.Collections.ArrayList collection accepts null as a valid value. It also allows duplicate elements.

Using multidimensional arrays as elements in an T:System.Collections.ArrayList collection is not supported.

The following code example shows how to create and initialize an T:System.Collections.ArrayList and how to display its values.

using System;
using System.Collections;
public class SamplesArrayList  {

   public static void Main()  {

      // Creates and initializes a new ArrayList.
      ArrayList myAL = new ArrayList();
      myAL.Add("Hello");
      myAL.Add("World");
      myAL.Add("!");

      // Displays the properties and values of the ArrayList.
      Console.WriteLine( "myAL" );
      Console.WriteLine( "    Count:    {0}", myAL.Count );
      Console.WriteLine( "    Capacity: {0}", myAL.Capacity );
      Console.Write( "    Values:" );
      PrintValues( myAL );
   }

   public static void PrintValues( IEnumerable myList )  {
      foreach ( Object obj in myList )
         Console.Write( "   {0}", obj );
      Console.WriteLine();
   }

}


/* 
This code produces output similar to the following:

myAL
    Count:    3
    Capacity: 4
    Values:   Hello   World   !

*/

ユニバーサル Windows プラットフォーム
10 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能

Public static (Shared in Visual Basic) members of this type are thread safe. Any instance members are not guaranteed to be thread safe.

An T:System.Collections.ArrayList can support multiple readers concurrently, as long as the collection is not modified. To guarantee the thread safety of the T:System.Collections.ArrayList, all operations must be done through the wrapper returned by the M:System.Collections.ArrayList.Synchronized(System.Collections.IList) method.

Enumerating through a collection is intrinsically not a thread-safe procedure. Even when a collection is synchronized, other threads can still modify the collection, which causes the enumerator to throw an exception. To guarantee thread safety during enumeration, you can either lock the collection during the entire enumeration or catch the exceptions resulting from changes made by other threads.

トップに戻る
表示: