この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

AttributeUsageAttribute クラス

 

公開日: 2016年10月

別の属性クラスの使用方法を指定します。 このクラスは継承できません。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

System.Object
  System.Attribute
    System.AttributeUsageAttribute

[SerializableAttribute]
[AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Class, Inherited = true)]
[ComVisibleAttribute(true)]
public sealed class AttributeUsageAttribute : Attribute

名前説明
System_CAPS_pubmethodAttributeUsageAttribute(AttributeTargets)

新しいインスタンスを初期化、AttributeUsageAttributeの指定されたリストを持つクラスAttributeTargetsAllowMultiple値、およびInherited値。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAllowMultiple

取得または 1 つのプログラム要素に対して示された属性の 1 つ以上のインスタンスを指定することができるかどうかを示すブール値を設定します。

System_CAPS_pubpropertyInherited

示された属性が派生クラスによって継承され、メンバーをオーバーライドするかどうかを決定する Boolean 値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyTypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyValidOn

示された属性を適用できるプログラム要素を識別する値のセットを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodMatch(Object)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したオブジェクトをこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。(Attribute から継承されます。)

使用されている配置することで方法を制御するには、独自の属性クラスを定義する際、 AttributeUsageAttribute 属性クラスにします。 指定された属性クラスから派生しなければなりません Attribute, 、直接または間接的にします。

属性クラスには、位置指定引数と名前付きパラメーターがあります。 属性クラスの各パブリック コンス トラクターでは、そのクラスの位置指定パラメーターの有効なシーケンスを定義します。 名前付きパラメーターは、非静的、パブリックで、読み取り/書き込みのフィールドまたは属性クラスのプロパティで定義されます。

3 つのプロパティの AttributeUsageAttribute 、次のパラメーターを定義することによって設定されます。

この位置指定パラメーターでは、指定された属性上に配置できるプログラム要素を指定します。 属性を配置できるすべての使用可能な要素のセットが表示されている、 AttributeTargets 列挙します。 いくつかを組み合わせることができます AttributeTargets 値のビットごとの OR 演算を使用して、有効なプログラム要素を任意に組み合わせてを取得します。

この名前付きパラメーターは、指定された属性が特定のプログラム要素に対して複数回指定するかどうかを指定します。

この名前付きパラメーターは、派生クラスまたはオーバーライドするメンバーが指定された属性を継承できるかどうかを指定します。

属性の使用方法の詳細については、次を参照してください。 Attribute属性を使用したメタデータの拡張です。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: