この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Array.CreateInstance メソッド

 

公開日: 2016年10月

Array クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateInstance(Type, Int32)

Type と長さを指定して、0 から始まるインデックス番号を持つ 1 次元の Array を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateInstance(Type, Int32, Int32)

Type と次元の長さを指定して、0 から始まるインデックス番号を持つ 2 次元の Array を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateInstance(Type, Int32, Int32, Int32)

Type と次元の長さを指定して、0 から始まるインデックス番号を持つ 3 次元の Array を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateInstance(Type, Int32[])

Type と次元の長さを指定して、0 から始まるインデックス番号を持つ多次元の Array を作成します。 次元の長さは、32 ビット整数の配列で指定します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateInstance(Type, Int32[], Int32[])

指定した Type と次元の長さの、指定した下限を持つ多次元の Array を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateInstance(Type, Int64[])

Type と次元の長さを指定して、0 から始まるインデックス番号を持つ多次元の Array を作成します。 次元の長さは、64 ビット整数の配列で指定します。

トップに戻る
表示: