この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Array.Copy メソッド

 

公開日: 2016年10月

一方の Array の要素範囲を他方の Array にコピーし、必要に応じて型キャストとボックス化を実行します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCopy(Array, Array, Int32)

最初の要素を開始位置として Array から要素の範囲をコピーし、最初の要素を開始位置として他の Array にそれらの要素を貼り付けます。 長さは 32 ビット整数値として指定します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCopy(Array, Array, Int64)

最初の要素を開始位置として Array から要素の範囲をコピーし、最初の要素を開始位置として他の Array にそれらの要素を貼り付けます。 長さは 64 ビット整数値として指定します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCopy(Array, Int32, Array, Int32, Int32)

指定したコピー元インデックスを開始位置として Array から要素の範囲をコピーし、指定したコピー先インデックスを開始位置として別の Array にそれらの要素を貼り付けます。 長さとインデックスは、32 ビット整数として指定します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCopy(Array, Int64, Array, Int64, Int64)

指定したコピー元インデックスを開始位置として Array から要素の範囲をコピーし、指定したコピー先インデックスを開始位置として別の Array にそれらの要素を貼り付けます。 長さとインデックスは、64 ビット整数として指定します。

トップに戻る
表示: