この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ArgumentNullException メソッド

 

公開日: 2016年10月

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

パラメーター名と追加の例外情報を使用して SerializationInfo オブジェクトを設定します。(ArgumentException から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。(Exception から継承されます。)

トップに戻る
表示: