この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

EditingScopeEventArgs クラス

 

公開日: 2016年10月

EditingScopeCompleted イベントのデータを提供します。

名前空間:   System.Activities.Presentation.Model
アセンブリ:  System.Activities.Presentation (System.Activities.Presentation.dll 内)

System.Object
  System.EventArgs
    System.Activities.Presentation.Model.EditingScopeEventArgs

public class EditingScopeEventArgs : EventArgs

名前説明
System_CAPS_pubmethodEditingScopeEventArgs()

EditingScopeEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyEditingScope

関連付けられた EditingScope を取得または設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

.NET Framework
4.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: