この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

OMathEqArray プロパティ (Word)

名前

説明

整列

配列の前後にあるテキストに対して行の数式の垂直方向の配置の種類を表すWdOMathVertAlignTypeを設定または返します。読み取り/書き込み。

アプリケーション

Microsoft Word アプリケーションを表す Applicationオブジェクトを取得します。

作成者

アドインが作成されたアプリケーションを示す 32 ビット整数を返します。読み取り専用Longです。

E

指定した数式オブジェクトの引数の一覧を表すOMathArgsオブジェクトを返します。読み取り専用です。

MaxDist

取得または設定、ブール値を数式で数式は、列、セル、またはページ幅など、コンテナーの余白の内側に均等に分散します。読み取り/書き込み。

ObjDist

取得または設定するブール値を数式で数式が配列数式の最大の幅に間隔があるかどうかを表します。読み取り/書き込み。

指定されたOMathEqArrayオブジェクトの親オブジェクトを表すオブジェクトを返します。

RowSpacing

取得または設定、長い数式を配列内の行の間隔を表す。読み取り/書き込み。

RowSpacingRule

複数行の数式に設ける空白の定義規則を表す WdOMathSpacingRule を取得または設定します。値の取得および設定が可能です。

表示: