この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

SP へTaxonomy.ChangedOperationType 列挙 (sp.taxonomy)

変更の原因となった操作の種類を表します。

最終更新日:2015年3月9日

適用対象:apps for SharePoint | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Server 2013

SP.Taxonomy.ChangedOperationType

ChangedOperationType列挙には、次のメンバーがあります。

メンバー

説明

add

追加の操作を表します。

copy

コピーの操作を表します。

deleteObject

オブジェクトの削除操作を表します。

edit

編集の操作を表します。

importObject

オブジェクトのインポート操作を表します。

merge

マージ操作を表します。

move

移動操作を表します。

pathChange

パスの変更の操作を表します。

restore

復元操作を表します。

unknown

無効な操作を表します。

表示: