この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ServerStub.SetProperty メソッド (Object, String, ClientValue, ProxyContext)

クライアントの値に基づいて派生ServerStub実装に対応する型のオブジェクトのプロパティの値を設定します。

名前空間:  Microsoft.SharePoint.Client
アセンブリ:  Microsoft.SharePoint.Client.ServerRuntime (Microsoft.SharePoint.Client.ServerRuntime.dll 内)

protected internal virtual void SetProperty(
	Object target,
	string propertyName,
	ClientValue value,
	ProxyContext proxyContext
)

パラメーター

target
型: System.Object

プロパティを設定するオブジェクトのインスタンスです。

propertyName
型: System.String

設定するプロパティの名前。

value
型: Microsoft.SharePoint.Client.ClientValue

クライアントの値プロパティを設定します。

proxyContext
型: Microsoft.SharePoint.Client.ProxyContext

クライアントの出席依頼と返信の処理の [全般] の状態に関する情報が含まれています。

表示: