Parameter プロパティ (Excel)

名前

説明

Application

オブジェクトを返すプロパティです。対象となるオブジェクトが指定されない場合は、Excel アプリケーション (Application オブジェクト) を返します。対象となるオブジェクトが指定された場合は、指定されたオブジェクトを作成した Application オブジェクトを返します。OLE オートメーションを使っていて、オブジェクトのアプリケーションにアクセスするときなどに、このプロパティを使います。値の取得のみ可能です。

Creator

指定されたオブジェクトを作成したアプリケーションを 32 ビットの整数値で返します。値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

DataType

指定されたクエリ パラメーターのデータ型を表す XlParameterDataType 値を取得または設定します。値の取得および設定が可能です。

Name

オブジェクトの名前を表す文字列型 (String) の値を取得または設定します。

Parent

指定されたオブジェクトの親オブジェクトを返します。値の取得のみ可能です。

PromptString

パラメーター クエリのパラメーター値を入力するように促すプロンプトの文字列を返します。値の取得のみ可能です。文字列型 (String) の値を使用します。

RefreshOnChange

True の場合、パラメーター クエリのパラメーター値を変更するたびに指定されたクエリ テーブルを更新します。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。

SourceRange

オブジェクトを返すプロパティです。指定されたクエリ パラメーターの値を含むセルを表す Range オブジェクトを返します。値の取得のみ可能です。

Type

パラメーターの種類を表す XlParameterType を返します。

Value

パラメーターの値を表すバリアント型 (Variant) の値を返します。

表示: