この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

SP へWorkflowServices.WorkflowDeploymentService.packageDefinition 方法 (sp.workflowservices)

SharePoint ソリューション パッケージ (.wsp ファイル) を 1 つのワークフロー定義をパッケージ化し、[サイト リソース ライブラリに、パッケージを保存します。

最終更新日:2014年6月11日

適用対象:apps for SharePoint | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Server 2013

SP.WorkflowServices.WorkflowDeploymentService.packageDefinition(definitionId, packageDefaultFilename, packageTitle, packageDescription)

サイトのメディア ライブラリ内のパッケージ ファイルの URL を返します。

definitionId

ワークフローの定義の guid 識別子です。

packageDefaultFilename

新しいパッケージの選択を既定のファイル名です。

packageTitle

パッケージのタイトル。

packageDescription

パッケージの説明です。

この方法は、パッケージをアクティブにできません。同じ名前のパッケージがサイト リソース ライブラリに既に存在する場合の方法は、ファイル名を中かっこで整数サフィックスを追加します。たとえば、filename packageDefaultFilename.wsp のパッケージは重複しているファイル名など packageDefaultFilename {2} .wsp に変わります必要があります。

表示: