この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Collections.Immutable

 

公開日: 2016年10月

複数のスレッドが関係する場合には、変更可能な状態を管理し続けるのが困難な場合があります。 一般的な方法は、異なるスレッド間で自由に渡すことが可能な、不変の状態を利用することです。 変更できないコレクションは読み取り専用のコレクションとは異なります。読み取り専用のコレクションとは異なり、コレクションのプロバイダーまたはコンシューマーが変更することはできません。 たとえば、読み取り専用のコレクションを列挙していると、コレクションが別のスレッドに変更されて、データの破損を引き起こす可能性があります。 変更できないコレクションを使用しているときは、このシナリオは発生しません。

名前空間説明
System.Collections.Immutable

System.Collections.Immutable 名前空間には、変更できないコレクションを定義するインターフェイスとクラスが含まれています。 これらのクラスは .NET Framework 4.5 からサポートが開始されます。 それらを使用して、デスクトップ、Windows ストア、ポータブル クラス ライブラリ、および Windows Phone 8 を対象とするアプリをビルドします。

System.Linq

System.Linq 名前空間では、統合言語クエリ (LINQ) を使用するクエリをサポートするクラスとインターフェイスを提供します。

変更できないコレクションを使用すると、以下のことができます。

  • コンシューマーがコレクションは決して変化しないと確信できる方法でコレクションを共有します。

  • マルチスレッド アプリケーションで暗黙的なスレッド セーフを提供します (コレクションにアクセスするためにロックは不要)。

  • 関数型プログラミングの方法に従います。

  • 元のコレクションを維持しながら、列挙中にコレクションを変更します。

変更できないコレクション クラスは .NET Framework 4.5 以降でサポートされます。 それらを使用して、デスクトップ、Windows ストア、ポータブル クラス ライブラリ、および Windows Phone 8 を対象とするアプリをビルドします。 変更できないのクラスは .NET Framework で配布されるコア クラス ライブラリの一部ではなく、これらは NuGet で使用できます。

変更できないコレクションをインストールするには

  1. Visual Studio でプロジェクトを開き、[プロジェクト] メニューの [NuGet パッケージの管理] をクリックします。

  2. 必要に応じて、選択、 プレリリースを含める チェック ボックスをオンします。 このオプションによって、使用可能になったときに、変更できないクラスの新しいプレリリース バージョンにアクセスできます。

  3. 使用して、 検索 フィールドに格納され、 System.Collections.Immutable パッケージです。

  4. 左側のウィンドウで、選択、 System.Collections.Immutable パッケージです。 右側のウィンドウでは、目的のバージョンを選択し、[ インストールします。

前述のインストール手順 Visual Studio 2015します。 その他のバージョンの Visual Studio では、手順は、ユーザー インターフェイス (UI) の相違のため若干異なるあります。

トップに戻る
表示: