この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

Visual Studio の気に入った機能の報告の手順

フィードバックやバグの報告を Visual Studio 製品チームに送信するためのすばやくて簡単な方法をお探しですか? 気に入った機能の報告機能を使用すると、スクリーンショットを提供したり、パフォーマンスの問題、ハング、クラッシュなどの再現手順を記録したりして、自分の考えを伝えることができます。 製品チームでは、お寄せいただいたフィードバックを使用して、機能の優先順位を決めたり、ご報告いただいた製品の問題を迅速に解決したりしています。 この記事の残りの部分では、注目されるフィードバックができるように、気に入った機能の報告の各機能について詳しく説明します。

気に入った機能の報告は、簡単に使用できます。 気に入った点がありましたら、ぜひお知らせください。 不満な点があった場合や、バグを発見した場合にも、どうぞ率直なご意見をお送りください。 バグを報告する場合は、[気に入った機能の報告] アイコンで [その他のオプション] を選択します。 追加の情報がある場合は、是非お知らせください。気に入った点や気に入らなかった点をより深く理解できるようになるため、フィードバックの有用性が高まります。 気に入った機能の報告には、そうした情報を共有するためのいくつかのツールも含まれています。

既存の機能を向上させるための提案や新機能の提案も歓迎します。 UserVoice サイトは、ユーザーのご意見を共有するために適した場所になってきています。意見に対してコミュニティが投票したり議論したりすることができるので、ここで意見を共有してみてください。 そうしていただけると、私たちもその提案について詳しく知ることができるほか、提案してくださった方やその提案に同意される方々と会話することができます。

気に入った機能の報告を起動するには、Visual Studio タイトル バーの右側の [クイック起動] 検索ボックスの隣にある笑顔アイコンをクリックするか、メイン メニューで [ヘルプ]、[カスタマー フィードバックのオプション]、[気に入った機能の報告] の順に選択します。

[気に入った機能の報告] アイコン

Mt280277.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifスクリーンショットの追加 (オプション)

[気に入った機能の報告] ダイアログにあるオプションを使用すると、スクリーンショットを含めたり、必要な領域だけになるように (または、共有したくない機密情報が含まれないように) 画像をトリミングしたりすることができます。 [画面を含める] を選択し、現在の Visual Studio ウィンドウのスクリーン ショットを確認します。 [トリミング] をクリックし、画像の 4 つの角にボックスを表示します。 Microsoft に送信する最終的なスクリーン ショットのサイズおよび位置までボックスをドラッグし、[保存] をクリックします。

[気に入った機能の報告] にスクリーンショットを含めるオプション

Mt280277.collapse_all(ja-jp,VS.140).gif電子メール アドレスを含める (オプション)

電子メール アドレスを含めることもできます (オプション)。 電子メール アドレスを教えていただけると、問題の診断に役立つ詳細情報を確認させていただくことができます。

[問題点、改善点の報告] を使用すると、Visual Studio の気に入らなかった点をチームに知らせることができます。 [問題点、改善点の報告][気に入った機能の報告] と似ていますが、発生している問題に関する追加情報を Microsoft にオプションで送信することもできます。 最初の画面の下部にある [問題点、改善点の報告] ボタンをクリックすると、2 つ目の画面が表示され、オプションで追加情報を指定できます。 この情報は、問題をすばやく診断するために役立ちます。 追加情報を提供しない場合は、[必要ありません] をクリックします。

Mt280277.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifタグの追加

報告にタグを追加して、発生している問題の種類を識別しやすくすることができます。 定義済みのいずれかの値を使用することも、独自のタグを作成することもできます。 独自のタグを作成する場合は、問題の発生時に製品のどの領域で操作していたか、どの種類のプロジェクトを使用していたか、どのような操作を行っていたか、などの情報が有益です。

[問題点、改善点の報告] を行うタグの追加

ダンプまたはトレース ファイルを記録するには

  1. クラッシュ、ハング、またはパフォーマンスに関する問題の場合は、オプションで、コンピューターでの動作をファイルに記録したり、そのファイルを Microsoft に送信したりすることができます。 これらのファイルは、問題の診断に非常に役立ちます。 作成されるファイルの種類は、問題のカテゴリによって決まります。 最初に、カテゴリを選択します。

    [問題点、改善点の報告] 問題カテゴリ
  2. ファイルを記録するには、Visual Studio の 2 番目のインスタンスを起動します。そのインスタンスで、問題が発生する手順を再現します。 最初のインスタンスは、記録を行うために使用します。 2 番目のインスタンスを起動すると、次のようなダイアログに表示されます。

    記録する Visual Studio インスタンスの選択

    インスタンスが表示されない場合は、[更新] をクリックします。

  3. [開始] (クラッシュやパフォーマンスの問題の場合) または [収集] (ハングの場合) をクリックします。 [記録中] ウィンドウが表示されます。 問題を再現する手順を記録します。 記録が完了したら、[記録の停止] または [記録の終了] をクリックします。

    Visual Studio でのダンプ ファイルの記録
  4. ファイルが作成されるのを待ちます。 この処理に数分かかる場合があります。 フィードバックを更新する準備ができたら、[更新] ボタンをクリックします。 これにより、フィードバックが追加され、送信されます。 フィードバックが送信されると、ダイアログ ボックスが閉じられます。

その他の種類のファイルを送信するには

  • 問題のカテゴリとして [その他] を選択した場合は、問題の理解に役立つスクリーンショットやその他のファイルを送信できます。

Mt280277.collapse_all(ja-jp,VS.140).gif[その他のオプション] メニュー項目を使用して、接続に関するバグを登録するには

バグと思われる問題がある場合は、[気に入った機能を報告] メニューを通じてバグを登録することもできます。

接続のバグの送信

[接続] ページで、[バグの送信] をクリックし、必要なデータを入力します。 このページで既に説明した手順に従って、ETL やダンプ ファイルを作成できます。

Microsoft フィードバック ツールを使用する際のプライバシーの詳細については、「Microsoft プライバシーに関する声明」をお読みください。

表示: