このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

ICommandSource の実装のサンプル

更新 : 2007 年 11 月

このサンプルでは、カスタム コントロールに ICommand を実装してカスタム ICommandSource を作成する方法を示します。

作成されるカスタム コントロールは Slider から継承されて、ICommandSource を実装します。

このサンプルの詳細については、「方法 : ICommandSource を実装する」を参照してください。

このサンプルでは、Windows Presentation Foundation の特定の機能を示します。そのため、アプリケーション開発のベスト プラクティスに従っていません。Windows Presentation Foundation (WPF) と Microsoft .NET Framework のアプリケーション開発ベスト プラクティスの包括的な説明については、適宜、次のトピックを参照してください。

ユーザー補助 - 「ユーザー補助のベスト プラクティス

セキュリティ - 「Windows Presentation Foundation のセキュリティ

ローカリゼーション - 「WPF のグローバリゼーションおよびローカリゼーションの概要

Download sample

  • Windows ソフトウェア開発キット (SDK) をインストールして、そのビルド環境のコマンド ウィンドウを開きます。[スタート] メニューの [すべてのプログラム]、[Microsoft Windows SDK] の順にポイントし、[CMD シェル] をクリックします。

  • サンプルをハード ディスク ドライブにダウンロードします。通常は、ソフトウェア開発キット (SDK) のドキュメントからダウンロードします。

  • ビルド環境のコマンド ウィンドウからサンプルをビルドするには、サンプルのソース ディレクトリに移動します。コマンド プロンプトで「MSBUILD」と入力します。

  • Microsoft Visual Studio でサンプルをビルドするには、サンプル ソリューションかプロジェクト ファイルを読み込んで、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

  • コンパイルしたサンプルをビルド環境のコマンド ウィンドウから実行するには、サンプルのソース コード フォルダの下にある Bin\Debug または Bin\Release フォルダで .exe ファイルを実行します。

  • コンパイルしたサンプルを Visual Studio でデバッグしながら実行するには、F5 キーを押します。

表示: