状態プロパティ (返送)

 

要求によって返される HTTP ステータス コードを表します。

lValue = oXMLHttpRequest.status;  

使用例

var xmlhttp = new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP.3.0");
xmlhttp.open("GET", "http://localhost/books.xml", false);
xmlhttp.send();
WScript.Echo(xmlhttp.status);

lValue = oXMLHttpRequest.status  

C と C++ 構文

HRESULT get_status(long* plStatus);  

パラメーター

plStatus [out, retval]
長整数として返されるステータス コード。

長整数状態値は、次の表に示すように、標準の HTTP ステータス コードは。

説明
100続行
101プロトコルの切り替え
200[OK]
201作成されました。
202承諾
203権限のない情報
204コンテンツがありません。
205コンテンツをリセットします。
206コンテンツの一部
300複数の選択肢
301完全に移動されました
302検出されました。
303その他の操作を参照してください。
304変更されません。
305プロキシを使用します。
307一時的なリダイレクト
400正しくない要求
401権限がありません。
402支払いが必要です。
403許可されていません
404見つかりません。
405メソッドは使用できません。
406許容できません。
407プロキシ認証が必要です。
408要求のタイムアウト
409競合
410発生
411必要な長さ
412前提条件に失敗しました
413要求エンティティが大きすぎます
414要求 URI が長すぎます
415サポートされていないメディアの種類
416適していない範囲を要求しました
417想定が失敗しました
500内部サーバー エラー
501実装されていません
502無効なゲートウェイ
503サービス利用不可
504ゲートウェイがタイムアウトしました
505HTTP のバージョンがサポートされていません

長整数。 このプロパティは、読み取り専用です。 長整数として返されるステータス コードを表します。 この値は指定した後にのみ、 send メソッドが正常に返されます。

実装されます。

MSXML 3.0 では、MSXML 6.0

返送

send メソッド (返送)
statusText プロパティ (返送)

表示: