このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

パス マークアップ構文

ここでは、パスを記述するための Extensible Application Markup Language (XAML) を使用した構文について説明します。WPF は、ジオメトリック パスの記述に使用できる強力かつ複雑なミニ言語をサポートします。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

必要条件

このトピックを理解するには、Geometry オブジェクトの基本的な機能に精通している必要があります。詳細については、「ジオメトリの概要」を参照してください。

StreamGeometry および PathFigureCollection のミニ言語

WPF には、ジオメトリック パスを記述するためのミニ言語を提供する 2 つのクラス、StreamGeometryPathFigureCollection が用意されています。

  • StreamGeometry のミニ言語は、UIElementClip プロパティや Path 要素の Data プロパティなど、Geometry 型のプロパティを設定する場合に使用します。属性構文を使用して、StreamGeometry を作成する例を次に示します。

    <Path Stroke="Black" Fill="Gray"
          Data="M 10,100 C 10,300 300,-200 300,100" />
    
    
  • PathFigureCollection のミニ言語は、PathGeometryFigures プロパティを設定する場合に使用します。属性構文を使用して、PathGeometryPathFigureCollection を作成する例を次に示します。

    <Path Stroke="Black" Fill="Gray">
      <Path.Data>
        <PathGeometry Figures="M 10,100 C 10,300 300,-200 300,100" />
      </Path.Data>
    </Path>
    
    

前の例からわかるように、2 つのミニ言語はよく似ています。StreamGeometry を使用できる状況では必ず PathGeometry も使用できます。それではどちらを使用すればよいでしょうか。パスを作成後に変更する必要がない場合は、StreamGeometry を使用します。パスを変更する必要がある場合は、PathGeometry を使用します。

PathGeometry オブジェクトと StreamGeometry オブジェクトの違いの詳細については、「ジオメトリの概要」を参照してください。

空白に関する注意事項

次の構文のセクションでは、簡略化のためにスペースを 1 つしか表示していませんが、1 つのスペースの部分を複数のスペースにすることもできます。

2 つの数字を実際にコンマやスペースで区切る必要はありません。ただし、結果として得られる文字列が明確な場合に限ります。たとえば、2..3 は、実際には "2." と ".3" の 2 つの数字です。同様に、2-3 は “2” と “-3” です。コマンドの前後にスペースは不要です。

構文

Extensible Application Markup Language (XAML) 属性 StreamGeometry の構文は、省略可能な FillRule 値と 1 つ以上の図形の記述で構成されます。

XAML 属性 StreamGeometry の使用方法

< object property="[fillRule] figureDescription[ figureDescription]*" ... />

Extensible Application Markup Language (XAML) 属性 PathFigureCollection の構文は、1 つ以上の図形の記述で構成されます。

XAML の属性 PathFigureCollection の使用方法

< object property="figureDescription[ figureDescription]*" ... />

用語 説明

fillRule

System.Windows.Media.FillRule

StreamGeometryEvenOdd または Nonzero の各 FillRule のうち、どちらを使用するかを指定します。

  • F0 は、塗りつぶしルール EvenOdd を指定します。

  • F1 は、塗りつぶしルール Nonzero を指定します。

このコマンドを省略した場合は、サブパスによって既定の動作 (EvenOdd) が使用されます。このコマンドを指定する場合は、最初に配置する必要があります。

figureDescription

移動コマンド、描画コマンド、およびオプションの閉じるコマンドで構成される図形。

moveCommand drawCommands [ closeCommand ]

moveCommand

図形の始点を指定する移動コマンド。「移動コマンド」を参照してください。

drawCommands

図形のコンテンツを記述する 1 つ以上の描画コマンド。「描画コマンド」を参照してください。

closeCommand

図形を閉じる、オプションの閉じるコマンド。「閉じるコマンド」を参照してください。

移動コマンド

新しい図形の始点を指定します。

構文

M startPoint

または

m startPoint

用語 説明

startPoint

System.Windows.Point

新しい図形の始点。

大文字の M は、startPoint が絶対値であることを示し、小文字の m は、startPoint が前の点へのオフセットであるか、前の点が存在しない場合は (0,0) であることを示します。移動コマンドの後に複数の点を示すとき、線コマンドを指定した場合には、これらの点に向けて線が描画されます。

描画コマンド

描画コマンドは、複数の図形コマンドで構成できます。使用できる図形コマンドには、線、横線、縦線、3 次ベジエ曲線、2 次ベジエ曲線、平滑 3 次ベジエ曲線、平滑 2 次ベジエ曲線、楕円の円弧があります。

各コマンドは、大文字または小文字を使用して入力します。大文字は絶対値を示し、小文字は相対値を示します。そのセグメントの制御点は前の例の終点に対して相対的です。同じ種類の複数のコマンドを連続的に入力する場合は、重複したコマンドの入力を省略できます。たとえば、L 100,200 300,400L 100,200 L 300,400 と同じです。移動コマンドと描画コマンドを次の表に示します。

線コマンド

現在の点と指定した終点の間に直線を作成します。l 20 30L 20,30 は、有効なコマンドの例です。

構文

L endPoint

または

l endPoint

用語 説明

endPoint

System.Windows.Point

線の終点。

横線コマンド

現在の点と指定した x 座標の間に横線を作成します。H 90 は、有効な横線コマンドの例です。

構文

H x

または

h x

用語 説明

x

System.Double

線の終点の x 座標。

縦線コマンド

現在の点と指定した y 座標の間に縦線を作成します。v 90 は、有効な縦線コマンドの例です。

構文

V y

または

v y

用語 説明

y

System.Double

線の終点の y 座標。

3 次ベジエ曲線コマンド

指定した 2 つの制御点 (controlPoint1controlPoint2) を使用して、現在の点と指定した終点の間の 3 次ベジエ曲線を作成します。C 100,200 200,400 300,200 は、有効な曲線コマンドの例です。

構文

C controlPoint1 controlPoint2 endPoint

または

c controlPoint1 controlPoint2 endPoint

用語 説明

controlPoint 1

System.Windows.Point

曲線の開始接線を決定する、曲線の 1 つ目の制御点。

controlPoint 2

System.Windows.Point

曲線の終了接線を決定する、曲線の 2 つ目の制御点。

endPoint

System.Windows.Point

曲線が描画される点。

2 次ベジエ曲線コマンド

指定した制御点 (controlPoint) を使用して、現在の点と指定した終点の間の 2 次ベジエ曲線を作成します。q 100,200 300,200 は、有効な 2 次ベジエ曲線コマンドの例です。

構文

Q controlPoint endPoint

または

q contolPoint endPoint

用語 説明

controlPoint

System.Windows.Point

曲線の開始接線と終了接線を決定する、曲線の制御点。

endPoint

System.Windows.Point

曲線が描画される点。

平滑 3 次ベジエ曲線コマンド

現在の点と指定した終点の間に 3 次ベジエ曲線を作成します。1 つ目の制御点は、現在の点を基準として前のコマンドの 2 つ目の制御点に点対称となります。前のコマンドが存在しない場合や、前のコマンドが 3 次ベジエ曲線コマンドまたは平滑 3 次ベジエ曲線コマンドでなかった場合、1 つ目の制御点は現在の点と同一のものと見なされます。2 つ目の制御点、つまり曲線の末尾の制御点は、controlPoint2 で指定します。たとえば、S 100,200 200,300 は、有効な平滑 3 次ベジエ曲線コマンドです。

構文

S controlPoint2 endPoint

または

s controlPoint2 endPoint

用語 説明

controlPoint 2

System.Windows.Point

曲線の終了接線を決定する、曲線の制御点。

endPoint

System.Windows.Point

曲線が描画される点。

平滑 2 次ベジエ曲線コマンド

現在の点と指定した終点の間に 2 次ベジエ曲線を作成します。制御点は、現在の点を基準として前のコマンドの制御点に点対称となります。前のコマンドが存在しない場合や、前のコマンドが 2 次ベジエ曲線コマンドまたは平滑 2 次ベジエ曲線コマンドでなかった場合、制御点は現在の点と同一のものです。

構文

T controlPoint endPoint

または

t controlPoint endPoint

用語 説明

controlPoint

System.Windows.Point

曲線の開始接線を決定する、曲線の制御点。

endPoint

System.Windows.Point

曲線が描画される点。

楕円の円弧コマンド

現在の点と指定した終点の間に楕円の円弧を作成します。

構文

A size rotationAngle isLargeArcFlag sweepDirectionFlag endPoint

または

a size rotationAngle isLargeArcFlag sweepDirectionFlag endPoint

用語 説明

size

System.Windows.Size

円弧の x 半径と y 半径。

rotationAngle

System.Double

円弧の回転 (角度)。

isLargeArcFlag

円弧の角度が 180 度を超える必要がある場合は 1 に設定します。それ以外の場合は 0 に設定します。

sweepDirectionFlag

円弧を正の角の方向に描画する場合は 1 に設定します。それ以外の場合は 0 に設定します。

endPoint

System.Windows.Point

円弧が描画される点。

閉じるコマンド

現在の図形を終了し、現在の点と図形の開始点を結ぶ線を作成します。このコマンドは、図形の最後のセグメントと最初のセグメントの間に線結合 (角) を作成します。

構文

Z

または

z

点の構文

点の x 座標および y 座標 を記述します。

構文

x , y

または

x y

用語 説明

x

System.Double

点の x 座標。

y

System.Double

点の y 座標。

特殊な値

標準的な数値の代わりに、次の特殊な値を使用することもできます。これらの値では、大文字と小文字が区別されます。

Infinity

System.Double.PositiveInfinity を表します。

-Infinity

System.Double.NegativeInfinity を表します。

NaN

System.Double.NaN を表します。

指数表記を使用することもできます。たとえば、+1.e17 は有効な値です。

参照

表示: