この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

クライアントのセキュリティ保護

 

公開日: 2016年5月

Windows Communication Foundation (WCF) では、サービスがクライアントのセキュリティ要件を決定します。つまり、使用するセキュリティ モード、およびクライアントが資格情報を提供するかどうかは、サービスによって指定されます。そのため、クライアントをセキュリティで保護するプロセスは、サービスから取得したメタデータ (公開されている場合) を使用してクライアントを構築するという簡単なものになります。クライアントを構成する方法は、メタデータによって指定されます。クライアントが資格情報を提供することをサービスが要求する場合、要件に適した資格情報を取得する必要があります。ここでは、このプロセスについて詳しく説明します。セキュリティで保護されたサービスを作成する方法詳細情報:、「サービスのセキュリティ保護」を参照してください。

既定では、WCF バインディングのセキュリティ機能は有効になっています (BasicHttpBinding を除く)。そのため、サービスが WCF を使用して作成されている場合、認証、機密性、および整合性を確実にするセキュリティが実装される可能性が高くなります。この場合、サービスが提供するメタデータによって、セキュリティで保護された通信チャネルの確立に必要なものが示されます。サービス メタデータにセキュリティ要件がまったく含まれていない場合には、サービスでセキュリティ スキーム (SSL (Secure Sockets Layer) over HTTP など) を強制する方法はありません。ただし、サービスがクライアントに資格情報の提供を求める場合は、クライアントの開発者、展開担当者、または管理者は、クライアントがサービスに対して認証を受けるときに実際に使用する資格情報を提供する必要があります。

クライアントを作成する場合、最初の手順はクライアントが通信を行うサービスからメタデータを取得することです。これは、次の 2 つの方法で行うことができます。サービスにより MEX (Metadata Exchange) エンドポイントが公開されているか、HTTP または HTTPS 上でメタデータが使用可能になっている場合は、ServiceModel メタデータ ユーティリティ ツール (Svcutil.exe) を使用してメタデータをダウンロードできます。このツールは、クライアントのコード ファイルと構成ファイルの両方を生成します (このツールの使い方詳細情報:、「WCF クライアントを使用したサービスへのアクセス」を参照してください)。サービスにより MEX エンドポイントが公開されておらず、かつ HTTP または HTTPS 上でメタデータが使用可能になっていない場合は、サービス作成者に連絡して、セキュリティ要件とメタデータについて記述したドキュメントを入手する必要があります。

System_CAPS_important重要

メタデータが信頼されたソースのものであり、改ざんされていないことを確認することをお勧めします。HTTP プロトコルを使用して取得したメタデータはクリア テキストで送信されるため、改ざんされるおそれがあります。サービスで HttpsGetEnabled プロパティおよび HttpsGetUrl プロパティを使用している場合は、サービス作成者から提供された URL で、HTTPS プロトコルを使用してデータをダウンロードします。

メタデータのソースは、信頼されたソースと信頼関係のないソースの 2 つに大きく分けられます。ソースを信頼しており、そのソースのセキュリティで保護された MEX エンドポイントからクライアント コードとその他のメタデータをダウンロードしている場合、何の懸念もなく、クライアントをビルドし、適切な資格情報を提供して実行できます。

ただし、ほとんど未知のソースからクライアントとメタデータをダウンロードする場合は、コードで使用しているセキュリティ対策を検証する必要があります。たとえば、サービスにより (最低でも) 機密性と整合性とが要求されていない場合は、個人情報や財務情報を送信するクライアントを作成するようなことは絶対に避けてください。この種の情報はサービスの所有者から見ることが可能なので、この種の情報の開示を行ってもよいと判断できる程度にはサービスの所有者を信頼できる必要があります。

したがって、信頼できないソースから受け取ったコードとメタデータを使用する場合には、それがこちらの必要とするセキュリティ レベルを満たしていることを確認する必要があります。

クライアントへの資格情報の設定には、次の 2 つの手順があります。

  1. サービスが要求する "クライアント資格情報の種類" を確認します。これは、2 つある方法のどちらかによって行います。1 つ目の方法として、サービス作成者からドキュメントを入手している場合は、このドキュメントにサービスが要求するクライアント資格情報の種類が示されています (クライアント資格情報の種類が指定されている場合)。2 番目の方法は Svcutil.exe ツールによって作成された構成ファイルしかない場合で、個々のバインディングを調べることで必要な資格情報の種類を特定できます。

  2. 実際のクライアント資格情報を指定します。実際のクライアント資格情報は、資格情報の種類と区別するために、クライアント資格情報の値と呼ばれます。たとえば、クライアント資格情報の種類として証明書が指定されている場合、サービスが信頼する証明機関によって発行された X.509 証明書を指定する必要があります。

Svcutil.exe ツールによって生成された構成ファイルがある場合は、<bindings> セクションを調べて、必要とされるクライアント資格情報の種類を確認します。このセクション内には、セキュリティ要件を指定するバインド要素があります。具体的には、各バインディングの <security> 要素を調べます。この要素には mode 属性が含まれており、3 つの値のいずれか (MessageTransport、または TransportWithMessageCredential) に設定できます。この属性の値によってモードが決定され、このモードによってどの子要素が有効なのかが決定されます。

<security> 要素には、<transport> 要素または <message> 要素、あるいはその両方を含めることができます。セキュリティ モードと一致する要素が有効な要素です。たとえば、次のコードでは、セキュリティ モードを "Message"<message> 要素のクライアント資格情報の種類を "Certificate" に指定しています。この場合、<transport> 要素は無視できます。ただし、<message> 要素で X.509 証明書を提示する必要があることが指定されています。

<wsHttpBinding>
    <binding name="WSHttpBinding_ICalculator">
       <security mode="Message">
           <transport clientCredentialType="Windows" 
                      realm="" />
           <message clientCredentialType="Certificate" 
                    negotiateServiceCredential="true"
                    algorithmSuite="Default" 
                    establishSecurityContext="true" />
       </security>
    </binding>
</wsHttpBinding>

次の例に示すように、clientCredentialType 属性が "Windows" に設定されている場合は、実際の資格情報の値を指定する必要はありません。これは、Windows 統合セキュリティでは、クライアントを実行しているユーザーの実際の資格情報 (Kerberos トークン) が提供されるためです。

<security mode="Message">
    <transport clientCredentialType="Windows " 
        realm="" />
</security>

クライアントが資格情報を提供する必要があると特定された場合は、クライアントを構成する適切なメソッドを使用します。たとえば、クライアント証明書を設定するには、SetCertificate メソッドを使用します。

X.509 証明書は広く使用されている資格情報の形式です。資格情報は次の 2 つの方法で提供できます。

  • クライアント コードで (SetCertificate メソッドを使用して) プログラミングする方法。

クライアントの構成ファイルに <behaviors> セクションを追加し、clientCredentials 要素を使用する方法 (以下に示します)。

コードで <clientCredentials> 値を設定するには、ClientBase<TChannel> クラスの ClientCredentials プロパティにアクセスする必要があります。このプロパティは、次の表に示すように、各種の資格情報の種類にアクセスできる ClientCredentials オブジェクトを返します。

ClientCredential プロパティ

説明

注記

ClientCertificate

X509CertificateInitiatorClientCredential を返します

クライアントがサービスに対して自身を認証するために提供する X.509 証明書を表します。

HttpDigest

HttpDigestClientCredential を返します

HTTP ダイジェスト資格情報を表します。この資格情報は、ユーザー名とパスワードのハッシュです。

IssuedToken

IssuedTokenClientCredential を返します

フェデレーション シナリオで通常使用される、セキュリティ トークン サービスによって発行されるカスタム セキュリティ トークンを表します。

Peer

PeerCredential を返します

Windows ドメインのピア メッシュに参加するためのピア資格情報を表します。

ServiceCertificate

X509CertificateRecipientClientCredential を返します

帯域外ネゴシエーションでサービスによって提供される X.509 証明書を表します。

UserName

UserNamePasswordClientCredential を返します

ユーザー名とパスワードのペアを表します。

Windows

WindowsClientCredential を返します

Windows クライアントの資格情報 (Kerberos 資格情報) を表します。このクラスのプロパティは読み取り専用です。

エンドポイントの動作を使用して、<clientCredentials> 要素の子要素として資格情報の値を指定します。使用される要素は、クライアントの資格情報の種類によって異なります。たとえば、次の例は、<<clientCredentials> 要素の <clientCertificate> 要素を使用して X.509 証明書を設定する構成を示しています。

<configuration>
  <system.serviceModel>
    <behaviors>
      <endpointBehaviors>
        <behavior name="myEndpointBehavior">
          <clientCredentials>
            <clientCertificate findvalue="myMachineName" 
            storeLocation="Current" X509FindType="FindBySubjectName" />
          </clientCredentials>
        </behavior>            
    </behaviors>
  </system.serviceModel>
</configuration>

構成でクライアント資格情報を設定するには、構成ファイルに <endpointBehaviors> 要素を追加します。さらに、次の例に示すように、<endpoint> 要素の behaviorConfiguration 属性を使用して、追加した動作要素をサービスのエンドポイントにリンクする必要があります。 behaviorConfiguration 属性の値は、動作の name 属性の値と一致する必要があります。

<configuration>

<system.serviceModel>

<client>

<endpoint address="http://localhost/servicemodelsamples/service.svc"

binding="wsHttpBinding"

bindingConfiguration="Binding1"

behaviorConfiguration="myEndpointBehavior"

contract="Microsoft.ServiceModel.Samples.ICalculator" />

</client>

</system.serviceModel>

</configuration>

System_CAPS_noteメモ

クライアント資格情報の値の中には、アプリケーション構成ファイルを使用して設定できないものがあります (ユーザー名とパスワードや、Windows ユーザーとパスワードの値など)。このような資格情報の値は、コードでのみ指定できます。

クライアント資格情報を設定する方法詳細情報:、「方法 : クライアントの資格情報の値を指定する」を参照してください。

System_CAPS_noteメモ

次の構成例に示すように、SecurityMode"TransportWithMessageCredential" に設定されている場合、ClientCredentialType は無視されます。

<wsHttpBinding>
    <binding name="PingBinding">
        <security mode="TransportWithMessageCredential"  >
           <message  clientCredentialType="UserName" 
               establishSecurityContext="false"  
               negotiateServiceCredential="false" />
           <transport clientCredentialType="Certificate"  />
         </security>
    </binding>
</wsHttpBinding>
表示: