この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FocusManager クラス

 

公開日: 2016年10月

決定、フォーカスのスコープを設定し、スコープ内でフォーカスがある要素を設定するために、静的メソッド、添付プロパティ、およびイベントのセットを提供します。

名前空間:   System.Windows.Input
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Input.FocusManager

public static class FocusManager

名前説明
System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticFocusedElement

このプロパティに接続されている要素に論理フォーカスがあるかどうかを決定します。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticIsFocusScope

このプロパティが添付される要素がフォーカス範囲であるかどうかを判断します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddGotFocusHandler(DependencyObject, RoutedEventHandler)

GotFocus 添付イベントのハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddLostFocusHandler(DependencyObject, RoutedEventHandler)

ハンドラーを追加、 LostFocus イベントをアタッチします。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetFocusedElement(DependencyObject)

指定したフォーカスのスコープ内では、論理フォーカスを持つ要素を取得します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetFocusScope(DependencyObject)

持つ指定した要素の最も近い先祖の決定 IsFocusScope 設定 trueします。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetIsFocusScope(DependencyObject)

決定するかどうか、指定した DependencyObject フォーカス範囲です。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveGotFocusHandler(DependencyObject, RoutedEventHandler)

GotFocus 添付イベントのハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveLostFocusHandler(DependencyObject, RoutedEventHandler)

ハンドラーを削除、 LostFocus イベントをアタッチします。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSetFocusedElement(DependencyObject, IInputElement)

指定した要素にフォーカスが論理設定します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSetIsFocusScope(DependencyObject, Boolean)

指定した設定 DependencyObject フォーカス スコープとします。

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticFocusedElementProperty

FocusedElement 添付プロパティを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticGotFocusEvent

識別、 GotFocus イベントをアタッチします。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticIsFocusScopeProperty

IsFocusScope 添付プロパティを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticLostFocusEvent

識別、 LostFocus イベントをアタッチします。

名前説明
System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticGotFocus

要素がフォーカスを取得したときに発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticLostFocus

要素がフォーカスを失ったときに発生します。

Windows Presentation Foundation (WPF) フォーカスに関して 2 つの概念があります。 キーボード フォーカスと論理フォーカスします。

キーボード フォーカスはキーボード入力を現在受信して、要素に関するものです。 キーボード フォーカスを持つ 1 つだけの要素があります。 キーボード フォーカスを持つには、この要素は、 IsKeyboardFocused 設定 trueします。 Keyboard.FocusedElement キーボード フォーカスを持つ要素を返します。

論理フォーカスは、 FocusManager.FocusedElement フォーカスの特定のスコープ内で。

フォーカス範囲を追跡するコンテナー要素とは、 FocusManager.FocusedElement そのスコープ内で。 既定では、 Window クラスは、フォーカスの範囲は、 Menu, 、ContextMenu, 、および ToolBar クラスです。 フォーカスの範囲である要素が IsFocusScope 設定 trueします。

論理フォーカスを持つ複数の要素がありますが、単一のフォーカスのスコープ内で論理フォーカスを持つ要素を 1 つしか存在できません。 論理フォーカスを持つ要素とは限りませんがキーボード フォーカスがキーボード フォーカスを持つ要素が論理フォーカスを持ちます。 フォーカスのスコープ内でフォーカスの範囲を定義することができます。 この場合、親フォーカス スコープと子フォーカス スコープの両方を持ちます、 FocusManager.FocusedElementです。

次のシナリオにキーボード フォーカスと論理フォーカスを変更する方法を示しています、 Windows Presentation Foundation (WPF) を持つアプリケーション、 Window で、 TextBoxMenu を持つ、 MenuItemです。 キーボード フォーカスが変更されたとき、 TextBox に、 MenuItem, 、 TextBox 損失キーボード フォーカスの論理フォーカスは保持されます、 Window スコープに注目します。 MenuItem がキーボード フォーカスを取得しの論理フォーカスを取得、 Menu スコープに注目します。 キーボード フォーカスがルートを返す場合 Window, 、内の要素 Window 論理フォーカスを持つフォーカス範囲はここでは、キーボード フォーカスを取得、 TextBoxです。 TextBox キーボード フォーカスと論理フォーカスになりました。  MenuItem がキーボード フォーカスを失ったはの論理フォーカスを保持、 Menu スコープに注目します。 

既定値 IsFocusScope 上、 Window, 、Menu, 、ToolBar, 、および ContextMenutrueです。

フォーカスの詳細については、次を参照してください。、 入力概要フォーカス概要します。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: