この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

LogicalTreeHelper.GetChildren メソッド (DependencyObject)

 

公開日: 2016年10月

論理ツリーを処理して、指定したオブジェクトの直接の子オブジェクトのコレクションを返します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public static IEnumerable GetChildren(
	DependencyObject current
)

パラメーター

current
Type: System.Windows.DependencyObject

論理ツリーの処理の起点になるオブジェクト。 これは、FrameworkElementFrameworkContentElement のいずれかにする必要があります。

戻り値

Type: System.Collections.IEnumerable

指定したオブジェクトの論理ツリーに属する直接の子オブジェクトの列挙可能なコレクション。

確信できないときに、主に、この署名とヘルパー メソッドを使用しているかどうか current は、 FrameworkElement または FrameworkContentElement なもないことを確認してそのオブジェクトのクラスが独自のコンテンツ モデルのコレクションをサポートしているかどうか。 クエリを実行するオブジェクトの種類が判断した場合は、その型にすることがわかっている特定のコンテンツ プロパティが存在することを確認します。 たとえば、あるオブジェクトを照会することがわかっている場合は、 ItemsControl, 、確認、 Items コレクション インターフェイスのサポートを持ち、おそらくよりも使いやすく、列挙子がである厳密に型指定のコレクションを取得するプロパティです。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: