この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FrameworkElement.SetBinding メソッド (DependencyProperty, BindingBase)

 

公開日: 2016年10月

指定したバインディング オブジェクトに基づいて、この要素にバインドをアタッチします。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public BindingExpressionBase SetBinding(
	DependencyProperty dp,
	BindingBase binding
)

パラメーター

dp
Type: System.Windows.DependencyProperty

バインドを確立する必要があるプロパティを識別します。

binding
Type: System.Windows.Data.BindingBase

データ バインディングの詳細を表します。

戻り値

Type: System.Windows.Data.BindingExpressionBase

バインドの条件を記録します。 この戻り値は、エラーをチェックするために役立ちます。

このメソッドを呼び出すのための便利なメソッドは、 BindingOperations.SetBinding, 、として現在のインスタンスを渡して、 DependencyObjectです。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: