このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

フィーチャーとテンプレート

Windows SharePoint Services 3

Windows SharePoint Services 3.0 では、このテクノロジの以前のバージョンと同様に、サイトの外観、サイトに含まれるリスト、既定のナビゲーション構成などの青写真を、サイト定義が提供します。最初に初期ページの設定方法およびサイト内のリストまたは Web パーツの構成が定義されているテンプレートを選択することにより、特定の URL で Web サイト (Microsoft.SharePoint.SPWeb オブジェクト) を作成します。

Windows SharePoint Services 3.0 でも、サイト定義はフロントエンド Web サーバーにある一連の XML ファイルで構成され、これらを適用して新しいサイトを準備できます。また、サイト テンプレート (.STP) ファイルも、これまでと同じように、新しいサイトを準備するために適用できます。ユーザー インターフェイスまたはオブジェクト モデルの実装から作成するサイト テンプレートは、基本サイトの定義からの差異または変更が格納されているパッケージです。サイト テンプレート パッケージは、CAB ベースのファイルとして格納され、適切な権限を持つユーザーであれば、サイト コレクションとの間でダウンロードまたはアップロードできます。これまでと同じように、サイト テンプレートは SharePoint アプリケーションに移植性の手段を提供します。

Windows SharePoint Services 3.0 では、フィーチャーと呼ばれる本質的に移植性を備えたモジュール型の機能が導入され、サイト定義によるサイトの変更が簡単になっています。フィーチャーは、Windows SharePoint Services の要素のパッケージであり、特定の範囲に対してアクティブ化することができて、ユーザーが特定の目標またはタスクを達成するのを助けます。

SDK のこのセクションでは、Windows SharePoint Services で使用されるサイト定義、テンプレート、およびフィーチャーについての情報を提供し、これらが連携するしくみ、およびサイトのカスタマイズでこれらを使用する最善の方法について説明します。

テンプレートおよび定義を使用する

フィーチャーを操作する

表示: