エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化

sp_dbmmonitoraddmonitoring (Transact-SQL)

サーバー インスタンスのミラー化されたデータベースごとにミラーリングの状態を定期的に更新する、データベース ミラーリング監視ジョブを作成します。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則


sp_dbmmonitoraddmonitoring [ update_period ]

update_period

更新間隔を分単位で指定します。指定できる値は 1 ~ 120 分です。既定値は 1 分です。

注意 注意

更新間隔が短すぎると、クライアントへの応答時間が長くなることがあります。

このプロシージャを実行するには、サーバー インスタンス上で SQL Server エージェントを実行できることが必要です。また、データベース ミラーリング監視ジョブを実行するにはエージェントが実行中であることが必要です。

データベース ミラーリングを SQL Server Management Studio から開始した場合、sp_dbmmonitoraddmonitoring プロシージャは自動的に実行されます。サーバー インスタンスのミラー化されたデータベースを監視するため、ALTER DATABASE を使用してミラーリングを手動で開始した場合、sp_dbmmonitoraddmonitoring は手動で実行する必要があります。

注意 注意

データベース ミラーリングを設定する前に sp_dbmmonitoraddmonitoring を実行した場合、監視ジョブは実行されますが、データベース ミラーリング監視の履歴が格納される状態テーブルは更新されません。

固定サーバー ロール sysadmin のメンバシップが必要です。

次の例では、モニタリングを 3 分の更新間隔で開始します。

EXEC sp_dbmmonitoraddmonitoring 3;

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft