JDBC Driver API リファレンス

Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver には、Microsoft SQL Server 2005 または SQL Server 2000 データベースに接続して操作を行うために Java プログラミング コードで使用できる API が用意されています。

Noteメモ:

JDBC ドライバの使用方法の概念については、「JDBC ドライバの概要」を参照してください。

クラス

名前 説明

SQLServerBlob

BLOB (binary large object) を表します。

SQLServerCallableStatement

JDBC 呼び出し可能ステートメントを表します。

SQLServerClob

CLOB (character large binary object) を表します。

SQLServerConnection

SQL Server データベースへの JDBC 接続を表します。

SQLServerConnectionPoolDataSource

接続プール マネージャの物理データベース接続を表します。

SQLServerDatabaseMetaData

データベースのメタデータを表します。

SQLServerDataSource

SQLServerConnection オブジェクトを使用した SQL Server データベースへの接続に固有のプロパティの一覧を表します。

SQLServerDataSourceObjectFactory

JNDI (Java Naming and Directory Interface) からのデータ ソースを生成するオブジェクト ファクトリを表します。

SQLServerDriver

JDBC ドライバを表します。 このクラスには、SQL Server データベースに接続し、JDBC ドライバに関する情報を取得するためのメソッドが含まれます。

SQLServerException

SQL ステートメントの実行に失敗したこと、または実行が完了しなかったことを表します。

SQLServerParameterMetaData

準備されたステートメントのパラメータのメタデータを表します。

SQLServerPooledConnection

接続プール内の物理データベース接続を表します。

SQLServerPreparedStatement

JDBC の準備されたステートメント機能の基本的な実装を表します。

SQLServerResource

ローカライズされたエラー文字列リソースを表します。 このクラスは内部でのみ使用されます。

SQLServerResultSet

JDBC 結果セットを表します。

SQLServerResultSetMetaData

結果セットに含まれる列のメタデータを表します。

SQLServerSavepoint

トランザクションのロールバックが可能なチェックポイントを表します。

SQLServerStatement

JDBC ステートメント機能の基本的な実装を表します。

SQLServerXAConnection

分散 (XA) トランザクションに参加できる JDBC 接続を表します。

SQLServerXADataSource

内部で使用されている SQLServerXAConnection オブジェクトのファクトリを表します。

SQLServerXAResource

XA 分散トランザクション管理用の XAResource を表します。

参照

その他のリソース

JDBC ドライバの概要

表示: