JDBC ドライバを使用したトランザクションの実行

トランザクション処理は、永続データの一貫性を保証する必要があるすべてのアプリケーションにおいて必須要件です。 Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver を使用すると、トランザクションをローカルに実行することも、分散することもできます。 トランザクションは、実行の ACID (原子性、一貫性、分離性、および持続性) を有する単位です。

このセクションのトピックでは、分離レベル、トランザクションのセーブポイント、および結果セットの保持機能など、JDBC ドライバによってトランザクションがどのようにサポートされるかについて説明します。

このセクションの内容

トピック 説明

トランザクションについて

JDBC ドライバでトランザクションがどのように使用されるかについて概要を説明します。

XA トランザクションについて

JDBC ドライバで XA トランザクションがどのように使用されるかについて概要を説明します。

分離レベルについて

JDBC ドライバでサポートされるさまざまな分離レベルについて説明します。

セーブポイントの使用

トランザクションのセーブポイントと共に JDBC ドライバを使用する方法について説明します。

保持機能の使用

結果セットの保持機能と共に JDBC ドライバを使用する方法について説明します。

参照

その他のリソース

JDBC ドライバの概要

表示: