JDBC ドライバの著作権と法的情報

このドキュメントに記載されている情報 (URL などのインターネット Web サイトに関する情報を含む) は、将来予告なしに変更することがあります。 特に記載していない場合、このソフトウェアおよびマニュアルで使用している会社、組織、製品、ドメイン名、電子メール アドレス、ロゴ、人物、場所、出来事などの名称は架空のものです。実在する会社、組織、製品、ドメイン名、電子メール アドレス、ロゴ、人物、場所、または出来事とは一切関係ありません。 このソフトウェアおよびマニュアルは、本製品の使用許諾契約書の下でのみ使用することができます。 このソフトウェアおよびマニュアルのいかなる部分も、米国 Microsoft Corporation の書面による許諾を受けることなく、その目的を問わず、どのような形態であっても、複製または譲渡することは禁じられています。ここでいう形態とは、複写や記録など、電子的な、または物理的なすべての手段を含みます。

マイクロソフトは、このマニュアルに記載されている内容に関し、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の無体財産権を有する場合があります。 別途マイクロソフトのライセンス契約上に明示の規定のない限り、このマニュアルはこれらの特許、商標、著作権、またはその他の無体財産権に関する権利をお客様に許諾するものではありません。

© 1998-2007 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Microsoft、MS-DOS、Windows、Windows NT、ActiveX、Developer Studio、FoxPro、JScript、MSDN、Visual Basic、Visual C++、Visual InterDev、Visual J++、Visual Studio、および Win32 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

記載されている会社名、製品名には、各社の商標のものもあります。

参照

その他のリソース

JDBC ドライバの概要

表示: