JDBC ドライバによる SQL Server への接続

Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver を使用して行う最も基本的な操作の 1 つは、SQL Server データベースへの接続を確立することです。 データベースとのやり取りは、すべて SQLServerConnection オブジェクトを介して行われます。JDBC ドライバのアーキテクチャは非常にフラットであるため、注目に値するほとんどすべての動作が SQLServerConnection オブジェクトに関連します。

このセクションのトピックでは、SQL Server データベースへの接続を確立し、操作する方法について説明します。

このセクションの内容

トピック 説明

接続 URL の構築

SQL Server データベースに接続するための接続 URL の作成方法について説明します。 SQL Server データベースの名前付きインスタンスへの接続についても説明します。

接続プロパティの設定

さまざまな接続プロパティについて、および SQL Server データベースに接続する際にそれらをどのように使用するかについて説明します。

データ ソースのプロパティの設定

J2EE 環境内でデータソースを使用する方法について説明します。

接続の操作

SQL Server データベースへの接続をインスタンス化するためのさまざまな方法について説明します。

接続プールの使用

JDBC ドライバが接続プールをサポートするしくみについて説明します。

データベース ミラーリングの使用 (JDBC)

JDBC ドライバがデータベース ミラーリングの使用をサポートするしくみについて説明します。

参照

その他のリソース

JDBC ドライバの概要

表示: