JDBC ドライバによるメタデータの処理

Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver を使用すると、SQL Server データベースのメタデータをさまざまな方法で処理することができます。 JDBC ドライバでは、データベースのメタデータを、結果セットまたはパラメータとして取得することができます。

JDBC ドライバには、SQL Server データベースからメタデータを取得するための 3 つのクラスがあります。

このセクションのトピックでは、3 つのメタデータ クラスを使用して SQL Server データベースのメタデータを処理する方法を説明します。

Noteメモ:

このセクションで説明されているメタデータ メソッドは、通常はアプリケーションのパフォーマンスに対する負荷が大きいため、使用する際は注意が必要です。

このセクションの内容

トピック 説明

データベースのメタデータの使用

現在接続しているデータベースのメタデータ情報を取得する方法を説明します。

結果セットのメタデータの使用

現在の結果セットのメタデータ情報を取得する方法を説明します。

パラメータのメタデータの使用

準備されたステートメントおよび呼び出し可能なステートメントのパラメータのメタデータ情報を取得する方法を説明します。

参照

その他のリソース

JDBC ドライバの概要

表示: