この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

XPath の例

このトピックでは、「XPath リファレンス」全体を通じて提示される構文例を説明します。 すべての例は、「XPath 構文のサンプル XML ファイル (inventory.xml)」に基づいてます。 テスト ファイル内で XPath 式を使用する方法を示す例については、このトピックの最後の「和集合の例 ( | )」を参照してください。

説明

./author

現在のコンテキスト内のすべての <author> 要素。 これは、次の行の式に等しくなることに注意してください。

author

現在のコンテキスト内のすべての <author> 要素。

first. name

現在のコンテキスト内のすべての <first.name> 要素。

/bookstore

このドキュメントのドキュメント要素 (<bookstore>)。

//author

このドキュメント内のすべての <author> 要素。

book[/bookstore/@specialty=@style]

ドキュメントのルートにある <bookstore> 要素の specialty 属性と同じ値の style 属性を持っているすべての <book> 要素。

author/first-name

<author> 要素の子要素であるすべての <first-name> 要素。

bookstore//title

<bookstore> 要素内の 1 段階以上深いレベル (任意の子孫) に含まれているすべての <title> 要素。 これは、次の行の式とは異なる点に注意してください。

bookstore/*/title

<bookstore> 要素の孫であるすべての <title> 要素。

bookstore//book/excerpt//emph

<bookstore> 要素内の任意の場所にある <book> 要素の子要素 <excerpt> 内の任意の場所にあるすべての <emph> 要素。

.//title

現在のコンテキストから 1 レベル以上の深さにあるすべての <title> 要素。 この状況は、ピリオド表記が必須である場合において、基本的に 1 回だけ発生することに注意してください。

author/*

<author> 要素の子要素であるすべての要素。

book/*/last-name

<book> 要素の孫であるすべての <last-name> 要素。

*/*

現在のコンテキストのすべての孫要素です。

*[@specialty]

specialty 属性を持つすべての要素。

@style

現在のコンテキストの style 属性。

price/@exchange

現在のコンテキスト内の <price> 要素の exchange 属性。

price/@exchange/total

属性には要素の子が含まれないため、空のノード セットが返ります。 この式は、XPath (XML Path Language) の文法上は使用可能ですが、厳密にいえば有効ではありません。

book[@style]

現在のコンテキストの style 属性を持つすべての <book> 要素。

book/@style

現在のコンテキストのすべての <book> 要素の style 属性。

@*

現在の要素のコンテキストのすべての属性。

./first-name

現在のコンテキスト ノード内のすべての <first-name> 要素。 これは、次の行の式に等しくなることに注意してください。

first-name

現在のコンテキスト ノード内のすべての <first-name> 要素。

author[1]

現在のコンテキスト ノード内の最初の <author> 要素。

author[first-name][3]

子要素 <first-name> を持っている 3 番目の <author> 要素。

my:book

my 名前空間の <book> 要素。

my:*

my 名前空間のすべての要素。

@my:*

my 名前空間からのすべての要素 (これには、my 名前空間からの要素の修飾されていない属性は含まれません)。

インデックスは親を基準にして付けられる点に注意してください。 次のデータについて考えてみましょう。

<x>
  <y/>
  <y/>
</x>
<x>
  <y/>
  <y/>
</x>

説明

x/y[1]

個々の <x> の最初の子要素 <y> これは、次の行に示す式と同じです。

x/y[position() = 1]

個々の <x> の最初の子要素 <y>

(x/y)[1]

<x> 要素の子要素 <y> の集合全体で最初の <y>

x[1]/y[2]

最初の <x> の 2 番目の子要素 <y>

これ以降に示す例では、XPath のサンプル XML ファイルについて説明します。

説明

book[last()]

現在のコンテキスト ノードの最後の <book> 要素。

book/author[last()]

現在のコンテキスト ノードの個々の <book> 要素の最後の子要素 <author>

(book/author)[last()]

現在のコンテキスト ノードの <book> 要素の子要素 <author> の集合全体で最後の <author> 要素。

book[excerpt]

少なくとも 1 つの子要素 <excerpt> を含むすべての <book> 要素。

book[excerpt]/title

少なくとも 1 つの子要素 <excerpt> を含む <book> 要素を親要素とするすべての <title> 要素。

book[excerpt]/author[degree]

少なくとも 1 つの子要素 <excerpt> を含む <book> 要素の子要素であると同時に、自身が少なくとも 1 つの子要素 <degree> を持っているすべての <author> 要素。

book[author/degree]

少なくとも 1 つの子要素 <degree> が含まれた <author> を子要素として持つすべての <book> 要素。

author[degree][award]

少なくとも 1 つの子要素 <degree> を含み、少なくとも 1 つの子要素 <award> を含む、すべての <author> 要素。

author[degree and award]

少なくとも 1 つの子要素 <degree> を含み、少なくとも 1 つの子要素 <award> を含む、すべての <author> 要素。

author[(degree or award) and publication]

少なくとも 1 つの <degree> または <award> を含み、少なくとも 1 つの <publication> を子要素として含むすべての <author> 要素。

author[degree and not(publication)]

少なくとも 1 つの子要素 <degree> を含んでいるが、子要素 <publication> を含んでいないすべての <author> 要素。

author[not(degree or award) and publication]

少なくとも 1 つの子要素 <publication> を含んでいるが、子要素 <degree> も子要素 <award> も含んでいないすべての <author> 要素。

author[last-name = "Bob"]

値が Bob である子要素 <last-name> を少なくとも 1 つ含むすべての <author> 要素。

author[last-name[1] = "Bob"]

最初の子要素 <last-name> の値が Bob になっているすべての <author> 要素。 これは、次の行の式に等しくなることに注意してください。

author[last-name [position()=1]= "Bob"]

最初の子要素 <last-name> の値が Bob になっているすべての <author> 要素。

degree[@from != "Harvard"]

from 属性が "Harvard" と等しくないすべての <degree> 要素。

author[. = "Matthew Bob"]

値が Matthew Bob になっているすべての <author> 要素。

author[last-name = "Bob" and ../price &gt; 50]

値が Bob である子要素 <last-name> と、値が 50 を上回る兄弟要素 <price> を持っているすべての <author> 要素。

book[position() &lt;= 3]

最初の 3 冊の本 (1、2、3)。

author[not(last-name = "Bob")]

値が Bob である子要素 <last-name> を持っていないすべての <author> 要素。

author[first-name = "Bob"]

値が Bob である子要素 <first-name> を 1 つ以上持っているすべての <author> 要素。

author[* = "Bob"]

値が Bob である任意の子要素を持っているすべての author 要素。

author[last-name = "Bob" and first-name = "Joe"]

値が Bob である子要素 <last-name> と、値が Joe である子要素 <first-name> を持っているすべての <author> 要素。

price[@intl = "Canada"]

持っている intl 属性が "Canada" と等しい、コンテキスト ノード内のすべての <price> 要素。

degree[position() &lt; 3]

コンテキスト ノードの子要素である最初の 2 つの <degree> 要素。

p/text()[2]

コンテキスト ノード内の個々の <p> 要素内の 2 番目のテキスト ノード。

ancestor::book[1]

コンテキスト ノードの最も近い祖先に当たる <book>

ancestor::book[author][1]

コンテキスト ノードの最も近い祖先に当たる <book> であり、<author> 要素を子要素として持つ <book> 要素。

ancestor::author[parent::book][1]

現在のコンテキストで最も近い祖先に当たる <author> であり、<book> 要素を親として持つ <author> 要素。

和集合演算の例を示すために、次の XPath 式を使用します。

x | y/x

次の XML ファイルで、値が green または blue であるすべての <x> 要素を選択します。

ms256086.collapse_all(ja-jp,VS.120).gifXML ファイル (data1.xml)


<?xml version='1.0'?>
<?xml-stylesheet type="text/xsl" href="union.xsl"?>
<root>
   <x>green</x>
   <y>
      <x>blue</x>
      <x>blue</x>
   </y>
   <z>
      <x>red</x>
      <x>red</x>
   </z>
   <x>green</x>
</root>


ms256086.collapse_all(ja-jp,VS.120).gifXSLT ファイル (union.xsl)


<?xml version='1.0'?>
<xsl:stylesheet version="1.0"
      xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform">

<xsl:template match="root">
   <xsl:for-each select="x | y/x">
      <xsl:value-of select="."/>,
      <xsl:if test="not(position()=last())">,</xsl:if>
   </xsl:for-each>
</xsl:template>

</xsl:stylesheet>


ms256086.collapse_all(ja-jp,VS.120).gif書式付き出力

green,blue,blue,green

ms256086.collapse_all(ja-jp,VS.120).gifプロセッサ出力

<?xml version="1.0" encoding="UTF-16"?>green,blue,blue,green

表示: