この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TextWriter.Dispose メソッド ()

 

この TextWriter オブジェクトによって使用されているすべてのリソースを解放します。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public void Dispose()

Dispose を使い終わったら TextWriter を呼び出します。 Dispose メソッドによって、TextWriter は使用不可の状態になります。呼び出した後 Dispose, へのすべての参照を解放する必要があります、 TextWriter 、メモリをガベージ コレクターが再利用できるようにする、 TextWriter が占有していた。

詳細については、次のトピックを参照してください。Cleaning Up Unmanaged Resources およびImplementing a Dispose Method.

   常に呼び出し Dispose するには、最後の参照を解放する前に、 TextWriterです。そうしないと、ガベージ コレクターが TextWriter オブジェクトの Finalize メソッドを呼び出すまで、使用されているリソースは解放されません。

Universal Windows Platform
4.5 から利用可能
.NET Framework
2.0 から利用可能
Portable Class Library
サポート対象 : portable .NET platforms
Silverlight
2.0 から利用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 から利用可能
Windows Phone
8.1 から利用可能
トップに戻る
表示: