sp_delete_operator (Transact-SQL)

オペレータを削除します。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則


sp_delete_operator [ @name = ] 'name' 
     [ , [ @reassign_to_operator = ] 'reassign_operator' ] 

[ @name= ] 'name'

削除するオペレータの名前を指定します。name のデータ型は sysname で、既定値はありません。

[ @reassign_to_operator= ] 'reassign_operator'

指定したオペレータの警告を再割り当てできるオペレータの名前を指定します。reassign_operator のデータ型は sysname で、既定値は NULL です。

0 (成功) または 1 (失敗)

オペレータを削除すると、そのオペレータと関連するすべての通知も削除されます。

sp_delete_operator を実行できるのは、sysadmin 固定サーバー ロールのメンバだけです。

次の例では、オペレータ François Ajenstat を削除します。

USE msdb ;
GO

EXEC sp_delete_operator @name = 'François Ajenstat' ;
GO

コミュニティの追加

追加
表示: