Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

ホスト プロセス (vshost.exe)

 

公開日: 2016年4月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

ホスト プロセスは Visual Studio のデバッグのパフォーマンスが向上、部分信頼のデバッグを有効にし、デザイン時の式評価を可能です。 ホスト プロセス ファイルは、そのファイル名の一部が vshost となっており、プロジェクトの出力フォルダーにあります。 詳細については、「プロセスのデバッグとホスト」を参照してください。

System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

プロセスのファイルのホスティング (. vshost.exe) Visual Studio では直接実行できませんする必要がありますや、アプリケーションとともに配備します。

ホスト プロセスは、アプリケーション ドメインを作成し、デバッガーをアプリケーションに関連付けます。 これらのタスクを実行すると、デバッグが開始されてからアプリケーションが実行するまでの間に著しい遅れが生じることがあります。 ホスト プロセスは、アプリケーション ドメインを作成し、バックグラウンドでデバッガーを関連付け、アプリケーション ドメインとアプリケーション実行時のデバッガーの状態を保存することで、パフォーマンスを向上させます。 アプリケーション ドメインの詳細については、「アプリケーション ドメイン」を参照してください。

アプリケーションは、プロジェクト デザイナー[セキュリティ] ページで、部分信頼アプリケーションとして指定できます。 部分信頼アプリケーションをデバッグするには、アプリケーション ドメインの特別な初期化が必要になります。 この初期化は、ホスト プロセスが行います。

デザイン時の式評価を使うと、アプリケーションを実行せずに [イミディエイト] ウィンドウからコードをテストできます。 ホスト プロセスが、デザイン時の式評価でこのコードを実行します。 詳細については、「イミディエイト ウィンドウ」を参照してください。

プロセスのデバッグとホスト
方法 : ホスト プロセスを無効にする
イミディエイト ウィンドウ
アプリケーション ドメイン

表示: