Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

単体テストの操作

単体テストは、テスト担当者だけでなく、特に開発担当者にとって重要なツールです。テストされている "単体" のサイズはさまざまですが、Team System テスト ツールはプライベート メソッドを含むメソッドに関する特別な単体テストを生成します。詳細については、「単体テストの概要」を参照してください。

このセクションの内容

単体テストの概要

Team System テスト ツールの単体テストの種類について説明します。Visual Studio での単体テストの生成と編集の概要、プライベート メソッドのテスト、および単体テスト フレームワークの使用について説明します。

単体テストの作成

ASP.NET 単体テストやデータ ドリブン単体テストなどの単体テストの、生成と編集に関連するトピックへのリンクが用意されています。

チュートリアル : 単体テストの作成と実行

単体テストの作成とカスタマイズ、実行、およびテスト結果の検証を行います。

単体テストのサンプル

"Woodgrove Bank" サンプル プロジェクトを取得します。ここには、いくつかのチュートリアルで使用するコードが含まれています。

チュートリアル : テストを実行し、コード カバレッジを表示する

前のチュートリアルを基に構築されており、テスト中のプロジェクトのコードの割合を示すコード カバレッジ データの表示を行います。

参照

Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting

UnitTesting 名前空間にいて説明します。この名前空間は、単体テストをサポートする属性、例外、アサートなどのクラスを提供します。

Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting.Web

UnitTesting.Web 名前空間について説明します。この名前空間は、ASP.NET および Web サービスの単体テスト サポートを提供することで UnitTesting 名前空間を拡張します。

関連するセクション

テストの管理

テストの使用のさまざまな側面について説明します。テスト表示のカスタマイズやフィルタ処理の方法、テスト リストの使用方法、テストと作業項目の関連付けなどの方法について説明します。

テストの実行

テストの実行のさまざまな側面について説明します。テストの実行の構成、Visual Studio IDE やコマンド ラインでのテストの実行、テストの実行中のデバッグなどの方法について説明します。

テスト結果と分析

テスト結果とその扱い方について説明します。テスト結果を表示、保存、発行する方法や、テスト結果に基づいて作業項目としてのバグを作成する方法などについて説明します。

Web テストの操作

Web テストを作成、編集、実行、および表示する方法について説明します。

ロード テストの操作

ロード テストの用途、ロード テストを編集および実行する方法、ロード テストのパフォーマンス データを収集および格納する方法、およびロード テストの実行を分析する方法について説明します。

手動テストの操作

手動テストを作成し、実行する方法を説明します。手動テストは、自動化されていない唯一のテストの種類です。

汎用テストの操作

汎用テストを作成および実行する方法について説明します。汎用テストは、もともと Team System テスト ツール用に開発された外部プログラムやテストをラップするために使用します。

順序指定テストの操作

順序指定テストの作成方法を説明します。順序指定テストには、特定の順序で実行する必要のある他の複数のテストが含まれています。

Team Edition for Testers 用の各種チュートリアル

組み込みのテストの種類を使用するチュートリアルや、コード カバレッジ データの収集などのトピックに関するリンクが用意されています。

表示: