このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化

sp_cycle_errorlog (Transact-SQL)

サーバーを再起動するときと同様に、現在のエラー ログ ファイルを閉じ、エラー ログの拡張番号を使い回します。新しいエラー ログには、バージョンおよび著作権の情報と、新しいログが作成されたことを示す行が含まれます。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則


sp_cycle_errorlog

0 (成功) または 1 (失敗)

SQL Server を起動するたび、現在のエラー ログの名前が errorlog.1 に変更され、errorlog.1errorlog.2 に、errorlog.2errorlog.3 へと名前が変更されます。sp_cycle_errorlog を使用すると、サーバーを再起動しなくても、エラー ログ ファイルを使い回すことができます。

sp_cycle_errorlog の実行権限は、sysadmin 固定サーバー ロールのメンバに制限されます。

次の例では、SQL Server エラー ログを使い回します。

EXEC sp_cycle_errorlog ;
GO

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft