このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化

sp_update_jobschedule (Transact-SQL)

指定したジョブのスケジュール設定を変更します。

sp_update_jobschedule は、旧バージョンとの互換性のためにのみ用意されています。

重要な注意事項 重要

以前のバージョンの Microsoft SQL Server で使用されている構文の詳細については、Microsoft SQL Server 2000 の「Transact-SQL リファレンス」を参照してください。

ジョブ スケジュールはジョブとは別に管理できます。スケジュールを更新するには、sp_update_schedule を使用します。

既定では、このストアド プロシージャを実行できるのは、sysadmin 固定サーバー ロールのメンバです。他のユーザーには、msdb データベースの次のいずれかの SQL Server エージェント固定データベース ロールが許可されている必要があります。

  • SQLAgentUserRole

  • SQLAgentReaderRole

  • SQLAgentOperatorRole

これらのロールの権限の詳細については、「SQL Server エージェントの固定データベース ロール」を参照してください。

このストアド プロシージャを使用して、他のユーザーが所有するジョブ スケジュールを更新できるのは、sysadmin のメンバだけです。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft