Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/hotpatch (ホットパッチ可能なイメージの作成)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

イメージをホットパッチできるようにします。

/hotpatch  

コンパイルで /hotpatch を使用する場合、コンパイラは、各関数の最初の命令が、ホットパッチに必要な 2 バイト以上であることを確認します。

イメージのホットパッチを可能にするための準備を完了するには、/hotpatch を使用してコンパイルした後に、/FUNCTIONPADMIN (ホットパッチ可能なイメージの作成) を使用してリンクさせる必要があります。 イメージをコンパイルして単一の cl.exe 呼び出しにリンクすると、/hotpatch は暗黙的に /functionpadmin を指定します。

ARM アーキテクチャでは命令は常に 2 バイト以上であるため、また、x64 コンパイルは常に /hotpatch が指定されているように扱われるため、これらのターゲットのコンパイル時に /hotpatch を指定する必要はありません。ただし、それらのホットパッチ可能なイメージを作成するために /functionpadmin を使用してリンクさせる必要はあります。 /hotpatch コンパイラ オプションは、x86 コンパイルのみに影響を与えます。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーを選択します。

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページを選択します。

  4. [追加オプション] ボックスにコンパイラ オプションを追加します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

更新管理の詳細については、「Security Guidance for Update Management (更新管理のセキュリティ ガイダンス)」(http://www.microsoft.com/technet/security/guidance/PatchManagement.mspx) を参照してください。

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: