Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/favor (アーキテクチャ固有の最適化)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

/favor: option は 特定のアーキテクチャまたは AMD と Intel アーキテクチャのマイクロアーキテクチャの仕様に合わせて最適化されるコードを作成します。

/favor:{blend | ATOM | AMD64 | INTEL64}  

/favor:blend
(x86 および x64) および AMD Intel アーキテクチャのマイクロアーキテクチャの仕様に合わせて最適化されるコードを作成します。 /favor:blend が特定のプロセッサで最大限のパフォーマンスを得ることができない場合もありますが、x86 および x64 プロセッサで最適なパフォーマンスが得られるようにデザインされています。 既定で、/favor:blend が有効になります。

/favor:ATOM
(x86 および x64) は、Intel プロセッサと Intel プロセッサは Centrino テクノロジの仕様に合わせて最適化されるコードを作成します。 コードは、/favor:ATOM を使用して、または Intel プロセッサの Intel SSSE3、SSE3、SSE2 と SSE 命令が生成される可能性のある生成されます。

/favor:AMD64
(x64) のみ AMD Opteron 用に生成されたコードを、64 ビット拡張機能をサポートする Athlon プロセッサを最適化します。 最適化されたコードは、すべての x64 互換のプラットフォームで動作します。 コードは、/favor:AMD64 を使用して Intel64 をサポートする Intel プロセッサで実行すると、パフォーマンスが低下する可能性が生成されます。

/favor:INTEL64
(x64) のみ Intel64 をサポートする Intel プロセッサ用に生成されたコードを最適化するので、通常、このプラットフォームでより高いパフォーマンスが得られます。 結果コードはどの x64 プラットフォームで動作します。 コードは、/favor:INTEL64 と AMD Opteron で実行すると、パフォーマンス、64 ビット拡張機能をサポートする Athlon プロセッサが生じる可能性が生成されます。

System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

Intel64 アーキテクチャは、以前は Extended Memory 64 Technology と呼ばれ、対応するコンパイラ オプションは /favor:EM64T でした。

x64 アーキテクチャ用にプログラミングする方法の詳細については、「x64 ソフトウェア規約」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーを選択します。

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページを選択します。

  4. [追加オプション] ボックスにコンパイラ オプションを入力します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: