Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/errorReport (内部コンパイラ エラーの報告)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

内部コンパイラ エラー (ICE: Internal Compiler Error) 情報を Microsoft に直接提供できます。

/errorReport:[ none | prompt | queue | send ]  

none
内部コンパイラ エラーを収集しない、またはマイクロソフトに送信しないことを報告します。

prompt
内部コンパイラ エラーを受信したときにレポートを送信するようにプロンプトを表示します。 prompt は、開発環境でアプリケーションがコンパイルされる場合の既定値です。

queue
エラー レポートをキューに配置します。 管理者権限を使ってログインするとウィンドウが表示され、前回のログイン以降に発生したエラーを報告できます。エラー レポートを送信するためのダイアログ ボックスは、3 日に 1 度表示されます。 queue は、コマンド プロンプトでアプリケーションがコンパイルされる場合の既定値です。

send
内部コンパイラ エラーのレポートをマイクロソフトに自動的に送信します。 このオプションを有効にするには、まずマイクロソフトのデータ収集ポリシーに同意する必要があります。 コンピューターで /errorReport:send を初めて指定すると、マイクロソフトのデータ収集ポリシーが記載されている Web サイトが表示されます。

このオプションは、レジストリの設定によって異なります。 レジストリに適切な値を設定する方法の詳細については、MSDN Web サイトの Visual Studio 2008 コマンド ライン ツールの自動エラー レポートを表示する方法 "参照してください。

コンパイラがソース コード ファイルを処理できないと、内部コンパイラ エラー (ICE: Internal Compiler Error) が発生します。 ICE が発生した場合は、コードの修正に利用できる出力ファイルや診断は生成されません。

以前のリリースでは、ICE を受け取った場合はマイクロソフト プロダクト サポート サービスに連絡して問題を報告することをお勧めしていました。 /errorReport を使用すると、ICE 情報を Microsoft に直接提供できます。 エラー レポートは、今後リリースされるコンパイラの機能向上に役立ちます。

ユーザーが使用できるレポート送信機能は、使用しているコンピューターやユーザー ポリシーのアクセス許可に応じて異なります。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [詳細] プロパティ ページをクリックします。

  4. [エラー報告] プロパティを変更します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: