この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

X509Certificate2 コンストラクター (String, String, X509KeyStorageFlags)

 

公開日: 2016年10月

新しいインスタンスを初期化、 X509Certificate2 証明書ファイルを使用してクラス名、パスワード、証明書およびキー格納フラグにアクセスするために使用します。

名前空間:   System.Security.Cryptography.X509Certificates
アセンブリ:  System (System.dll 内)

public X509Certificate2(
	string fileName,
	string password,
	X509KeyStorageFlags keyStorageFlags
)

パラメーター

fileName
Type: System.String

証明書ファイルの名前。

password
Type: System.String

X.509 証明書データにアクセスするために必要なパスワード。

keyStorageFlags
Type: System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509KeyStorageFlags

証明書をインポートする場所と方法を制御する列挙値のビットごとの組み合わせ。

Exception Condition
CryptographicException

証明書でエラーが発生します。 例:

  • 証明書ファイルが存在しません。

  • 証明書が無効です。

  • 証明書のパスワードが正しくありません。

このコンス トラクターが、新たに作成 X509Certificate2 証明書ファイルを使用してオブジェクトの名前、証明書およびキー格納フラグにアクセスするために必要なパスワード。

System_CAPS_security セキュリティ メモ

ソース コード内でパスワードをハードコーディング コードします。 パスワードをハードコーディングを使用してアセンブリから取得できる、 Ildasm.exe (IL 逆アセンブラー), 、16 進エディターを Notepad.exe などのテキスト エディターで、アセンブリを開くだけで、またはです。

作成する場合、 X509Certificate2 の pkcs7 で署名済みのファイル ストアを指定することによって証明書 fileName, 、 X509Certificate2 、ストア内の証明書のいずれかのではなく、ストアに署名した証明書を作成します。

SecurityPermission

for accessing unmanaged code. Security action: F:System.Security.Permissions.SecurityAction.LinkDemand. Associated enumeration: F:System.Security.Permissions.SecurityPermissionFlag.UnmanagedCode

SecurityPermission

for accessing unmanaged code. Security action: F:System.Security.Permissions.SecurityAction.InheritanceDemand. Associated enumeration: F:System.Security.Permissions.SecurityPermissionFlag.UnmanagedCode

.NET Framework
2.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: