SQL Server Compact Edition 変換先

 

SQL Server Compact 変換先では、データが SQL Server Compact データベースに書き込まれます。

System_CAPS_ICON_note.jpg メモ


64 ビット コンピューターでは、SQL Server Compact データ ソースに接続するパッケージを 32 ビット モードで実行する必要があります。 Integration Services が SQL Server Compact データ ソースへの接続に使用する SQL Server Compact Provider は、32 ビット版でのみ使用できます。

SQL Server Compact 変換先を構成するには、SQL Server Compact 変換先でデータが挿入されるテーブルの名前を指定します。 SQL Server Compact 変換先のカスタム プロパティ TableName には、テーブル名が含まれます。

この変換先ではデータ ソースへの接続に SQL Server Compact 接続マネージャーが使用され、この接続マネージャーによって、使用する OLE DB プロバイダーが指定されます。 詳細については、「SQL Server Compact Edition 接続マネージャー」を参照してください。

SQL Server Compact 変換先には、パッケージの読み込み時にプロパティ式で更新できる、TableName カスタム プロパティがあります。 詳細については、「Integration Services (SSIS) の式」、「パッケージでプロパティ式を使用する」、および「SQL Server Compact Edition 変換先のカスタム プロパティ」を参照してください。

SQL Server Compact 変換先の入力は 1 つで、エラー出力はサポートされていません。

プロパティを設定するには SSIS デザイナーから行うか、またはプログラムによって設定します。

[詳細エディター] ダイアログ ボックスには、プログラムによって設定できるプロパティが反映されます。 [詳細エディター] ダイアログ ボックスまたはプログラムで設定できるプロパティの詳細については、次のトピックのいずれかを参照してください。

このコンポーネントのプロパティの設定方法の詳細については、「データ フロー コンポーネントのプロパティを設定する」を参照してください。

データ フロー

コミュニティの追加

追加
表示: