情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Collection<T>.IndexOf メソッド

2013/12/12

指定したオブジェクトを検索し、Collection<T> 全体内で最初に見つかった位置の 0 から始まるインデックスを返します。

Namespace:  System.Collections.ObjectModel
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public int IndexOf(
	T item
)

パラメーター

item
型: T
List<T> 内で検索するオブジェクト。参照型の場合、null の値を使用できます。

戻り値

型: System.Int32
Collection<T> 全体内で item が見つかった場合は、最初に見つかった位置の 0 から始まるインデックス番号。それ以外の場合は -1。

実装

IList<T>.IndexOf(T)

Collection<T> 内で、検索は最初の要素から開始して順方向に進み、最後の要素で終了します。

このメソッドは、リスト内の値の型である T の既定の等値比較子 EqualityComparer<T>.Default を使用して、値が等しいかどうかを確認します。

このメソッドは順次検索を実行します。したがって、平均検索時間は Count に比例します。つまり、このメソッドは O(n) 操作です。ここで、nCount です。

Collection<T> が備える多数のプロパティとメソッドを使用した例を次に示します。このコード例では、文字列のコレクションを作成し、Add メソッドを使用していくつかの文字列を追加し、Count を表示して、文字列を一覧表示します。IndexOf メソッドを使用して文字列のインデックスを検索し、Contains メソッドを使用して文字列がコレクションにあるかどうかを判断します。Insert メソッドを使用して文字列を挿入し、既定の Item プロパティ (C# の場合はインデクサー) を使用して文字列を取得および設定します。文字列 ID による文字列の削除のために Remove メソッドを使用し、インデックスによる文字列の削除のために RemoveAt メソッドを使用します。最後に、Clear メソッドを使用してコレクションのすべての文字列をクリアします。


using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Collections.ObjectModel;

public class Example
{
   public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
   {
      Collection<string> dinosaurs = new Collection<string>();

      dinosaurs.Add("Psitticosaurus");
      dinosaurs.Add("Caudipteryx");
      dinosaurs.Add("Compsognathus");
      dinosaurs.Add("Muttaburrasaurus");

      outputBlock.Text += String.Format("{0} dinosaurs:", dinosaurs.Count) + "\n";
      Display(outputBlock, dinosaurs);

      outputBlock.Text += String.Format("\nIndexOf(\"Muttaburrasaurus\"): {0}",
          dinosaurs.IndexOf("Muttaburrasaurus")) + "\n";

      outputBlock.Text += String.Format("\nContains(\"Caudipteryx\"): {0}",
          dinosaurs.Contains("Caudipteryx")) + "\n";

      outputBlock.Text += String.Format("\nInsert(2, \"Nanotyrannus\")") + "\n";
      dinosaurs.Insert(2, "Nanotyrannus");
      Display(outputBlock, dinosaurs);

      outputBlock.Text += String.Format("\ndinosaurs[2]: {0}", dinosaurs[2]) + "\n";

      outputBlock.Text += "\ndinosaurs[2] = \"Microraptor\"" + "\n";
      dinosaurs[2] = "Microraptor";
      Display(outputBlock, dinosaurs);

      outputBlock.Text += "\nRemove(\"Microraptor\")" + "\n";
      dinosaurs.Remove("Microraptor");
      Display(outputBlock, dinosaurs);

      outputBlock.Text += "\nRemoveAt(0)" + "\n";
      dinosaurs.RemoveAt(0);
      Display(outputBlock, dinosaurs);

      outputBlock.Text += "\ndinosaurs.Clear()" + "\n";
      dinosaurs.Clear();
      outputBlock.Text += String.Format("Count: {0}", dinosaurs.Count) + "\n";
   }

   private static void Display(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock, Collection<string> cs)
   {
      outputBlock.Text += "\n";
      foreach (string item in cs)
      {
         outputBlock.Text += item + "\n";
      }
   }
}

/* This code example produces the following output:

4 dinosaurs:

Psitticosaurus
Caudipteryx
Compsognathus
Muttaburrasaurus

IndexOf("Muttaburrasaurus"): 3

Contains("Caudipteryx"): True

Insert(2, "Nanotyrannus")

Psitticosaurus
Caudipteryx
Nanotyrannus
Compsognathus
Muttaburrasaurus

dinosaurs[2]: Nanotyrannus

dinosaurs[2] = "Microraptor"

Psitticosaurus
Caudipteryx
Microraptor
Compsognathus
Muttaburrasaurus

Remove("Microraptor")

Psitticosaurus
Caudipteryx
Compsognathus
Muttaburrasaurus

RemoveAt(0)

Caudipteryx
Compsognathus
Muttaburrasaurus

dinosaurs.Clear()
Count: 0
 */


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: