この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

WorkflowServiceManager メソッド

 

名前空間:   Microsoft.Workflow.Client
アセンブリ:  Microsoft.Workflow.Client (Microsoft.Workflow.Client.dll 内)

名前説明
System_CAPS_pubmethodCheckUpgradeStatus()

システム アップグレードのステータスを確認します。

System_CAPS_pubmethodCompleteUpgrade()

システム アップグレードに対する要求を完了します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetOutboundCertificateReferences()

送信証明書の参照を返します。

System_CAPS_pubmethodGetServiceConfiguration(String)

ワークフロー サービスの構成を返します。

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetVersion()

ワークフローのバージョンを取得します。

System_CAPS_pubmethodInitiateUpgrade()

システム アップグレードに対する要求を開始します。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodSetNextOutboundCertificateReference(String)

証明書の次の送信構成を設定します。

System_CAPS_pubmethodSetNextOutboundCertificateReference(X509Certificate2)

X.509 証明書の次の送信構成を設定します。

System_CAPS_pubmethodSetNextOutboundCertificateReferenceAsCurrent()

X.509 証明書の次の送信構成を現行として設定します。

System_CAPS_pubmethodSetServiceConfiguration(String, String)

指定された値を使用してサービス構成エントリを設定します。

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

トップに戻る
表示: