この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ScopeSecurityConfiguration クラス

 

スコープのセキュリティ構成を表します。

名前空間:   Microsoft.Workflow.Client.Security
アセンブリ:  Microsoft.Workflow.Client (Microsoft.Workflow.Client.dll 内)


[DataContractAttribute(Name = "ScopedSecurityConfiguration", 
	Namespace = "http://schemas.microsoft.com/workflow/2012/xaml/activities")]
[KnownTypeAttribute(typeof(OAuthS2SSecurityConfiguration))]
[KnownTypeAttribute(typeof(WindowsSecurityConfiguration))]
public abstract class ScopeSecurityConfiguration

名前説明
System_CAPS_pubmethodScopeSecurityConfiguration()

ScopeSecurityConfiguration クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodScopeSecurityConfiguration(String)

ScopeSecurityConfiguration クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyName

構成名を取得または設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: