この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

OAuthS2SSecurityConfiguration.AlternateAllowedHostname プロパティ

 

名前空間:   Microsoft.Workflow.Client.Security
アセンブリ:  Microsoft.Workflow.Client (Microsoft.Workflow.Client.dll 内)

[DataMemberAttribute(EmitDefaultValue = false)]
public string AlternateAllowedHostname {
	[CompilerGeneratedAttribute]
	get;
	[CompilerGeneratedAttribute]
	set;
}

プロパティ値

Type: System.String

トップに戻る
表示: